Utbtrendまとめ!

気になる情報をまとめています。

目の下のくすみの種類と、その原因は

   

目の周りにできるくすみには、大きく分けて3つのくすみのタイプがあります。あなたを悩ませている「目の周りのくすみ」はどのタイプですか?自分のくすみのタイプを調べて原因を知りましょう。

目の周りのくすみには「青黒いくすみ」「茶色いくすみ」「黒っぽいくすみ」に分けられます。

1.青黒いくすみ

このくすみのタイプは目の下にできる青黒いくすみです。

目の下を引っ張ると色が薄くなります。このタイプのくすみは日によって色の濃さに変化が現れます。

青黒いくすみは主に目の下にでき、一般的に「青クマ」とよばれています。

目の下のくすみ

青クマの原因は?

主な原因は、血行が悪くなることが原因と言われています。

目元の皮膚は特に薄いので、血行が悪くなると、目の周りがくすんで見えやすくなります。

特にもともと色白のタイプの人は、目の周りのくすみは目立つと言われています。

血行が悪くなる例としては、下記の様な原因が考えられます。

  1. 睡眠不足
  2. 目の疲れ
  3. ストレス
  4. 疲労
  5. 身体の冷え等

2.茶色いくすみ

茶色いくすみ

このくすみの特徴は、目の下だけではなくて上マブタにもできるのが特徴です。

このタイプのくすみは、ひっぱっても上を向いても変化がないのが特徴です。

一般的には「茶くま」と呼ばれています。

茶クマの主な原因は何なのでしょうか

メラニンによる色素沈着が原因と言われています。

目元の繊細な皮膚に負担をかけてしまう様な普段の行動や癖が、メラニンを増加させてしまい、目元が茶色くくすんでしまうのが原因です。

この様な行動はメラニンによる色素沈着を誘発してしまいます。

  • 目のかゆみや眠気を感じた時に目を擦ってしまう。
  • アイメイクの時にアイカラーをチップで擦るように色を重ねてしまう。
  • アイラインをひくときに勢いよく引っ張ってしまう。
  • アイメイクをオフする時に力を加えてこすってしまう。

黒っぽい目のくすみ

黒っぽいくすみ

下まぶたのたるみや目元の影により黒っぽく見え、上を向くと薄くなることが多いタイプ。

黒っぽいくすみは、目の下によくみられます。

黒っぽいくすみの主な原因

他のタイプのくすみと違い、皮膚の色が変わっているのが原因ではありません。目の下に影ができる事によって黒く見えるという現象です。

このタイプのくすみは、もともと涙袋が大きい人やはっきりとした顔立ちの人ほど良く目立ち、顔がむくんだ日はもっと目立ちやすくなります。

年齢を重ねるごとに肌のハリが失われるとともに、筋肉が衰えてたるむ事が原因でクマができることもあります。

目の周りのくすみ対策として大切な事

主な3種類のくすみを紹介しましたが、どのくすみも大敵は、肌のの乾燥です。

うるおい不足の肌は、肌表面のキメが乱れやすく、ツヤや滑らかさがなくなります。その結果、肌がくすんで見えるのです。

目元は皮脂が少ない部分であり、乾燥しやすい部分であることを認識しておきましょう。

肌が乾燥すると肌の調子が乱れて古い角質が残ってしまい、さらにくすみの原因となってしまいます。

セレクション

 - 美容