Utbtrendまとめ!

気になる情報をまとめています。

安眠の為には自分に合った枕の大きさを選びましょう

   

枕を選ぶ時のポイントは(1)枕の大きさ、(2)枕の素材、(3)枕の高さ の3つがあります。まずは枕の大きさに関しての正しい知識を付けましょう。

枕の大きさの選び方

まくらの大きさを選びましょう。

枕の「大きさ」も体型やお好みによって様々です!ここでは、一般的なサイズから用途に合わせた枕の大きさをご紹介いたします。

枕の主流の大きさは43×63cm です。この43×63cmを基準に、1回り小さい35×55cmタイプ、1回り大きめの50×70cm、横長ダブルサイズの43×120cm、があります。

標準的なサイズ(43×63cm)

一般的に日本のお布団にもピッタリで、人間の肩幅と枕の横幅が同じになるサイズの枕です。この枕は標準的なサイズなので、市販されている枕カバーの種類も豊富で、男女ともに使えます。

標準的なサイズより一回り大きいタイプの枕(50×70cm)

ゆったりと余裕のあるサイズで、ホテルなどでもよく使われているタイプです。ゆったりワイドなサイズなので、包まれて眠れるような寝心地です。

アメリカンサイズの枕(60×75cm)

かなりゆったりと大きく余裕のあるサイズです。寝返りも打ちやすく、すっぽりと包まれるような感覚です。ホテルなどでも多く使われています。

2人用の枕(43×120cm)

横幅が長いので、頻繁に寝返りをする方に特にオススメの枕です。最近ではこのダブルサイズ用の枕を1人で使う方も多いです。一般的な敷き布団で利用する場合は、少し大きいかも。

標準的なサイズより一回り小さく(35×55cm)

昔の枕はこのサイズが主流でした。コンパクトなサイズで、お子さまや女性におすすめです。

ジュニアサイズの枕(29×40cm)

お子さまにおすすめです。市販のジュニアサイズ枕カバーはこのサイズになります。

一言に枕と言っても大きさだけで、こんなに何種類もあるのですね。枕一つで安眠できるかできないかが決まると言っても過言ではありません。安眠難民にならないよう自分にあった枕を選びましょう。

 - 快眠と気持ちいい目覚め