Utbtrendまとめ!

気になる情報をまとめています。

高麗人参の作り方・栽培方法

   

高麗人参の栽培はかなり大変です。

その栽培方法を読めば、なぜ高麗人参は貴重で効果なのが分かります。

高麗人参の最高級は6年根の高麗人参と言われています。

まずは、高麗人参6年根の栽培過程を見ていきましょう。

高麗人参の作り方

高麗人参の栽培は、まず土壌作りから

最上級の高麗人参6年根では、収穫までに6年の長い年月がかかります。

その間は、肥料、耕作による土壌改善はできません。したがって、6年の間、絶対に土地が痩せてしまわない豊かな土地を作ることが一番に大事なのです。

良い土地を作る条件は。、栄養、通気性、保水性、透水性の4つです。

そのためには粗大有機物といってある程度の大きさがある有機物を土地に混ぜ込むことが大事なのです。上質な人参を栽培する為には、化学肥料や殺虫剤は一切用いてはいけません。本場韓国では、栽培地に腐葉土を入れて、トラクターで耕し、鋤きこんでいく栽培方法が採られます。

その後、栽培を妨げる過剰窒素分を取り除くためにトウモロコシを植え付けます。植えたトウモロコシは土壌に栄養(粗大有機物)を与えるため、茎葉ごとトラクターで鋤きこんでしまいます。このトウモロコシ茎は微生物に分解されていくので、6年にわたって長期的に養分を供給してくれるのです。

こうして1年かけて、まずは高麗人参6年根栽培の為に土壌を作ります

6年をかけて高麗人参を栽培します

まず、土壌が硬くなるのを防ぐための敷きワラをして、畝の中に苗を配置します。

直射日光を避けて栽培するために、栽培2年目に入ることには人参小屋を作成して覆います。高麗人参は風にも弱いので、防風柵も必要なのです。栽培開始から2年間は、非常に神経を使う作業が続きます。3年目からは成長期に入り、面積1アールあたり10kg相当の菜種油粕を肥料として加えていきます。年に2回で、4月と6月に施肥するのが一般的です。

こうして栽培を続け、6年後にようやく収穫可能となるのです。

その栽培地は高麗人参がすべての栄養を吸い取ってしまっているため、その後、数年はどんな作物も育たないとさえ言われています。もし、もう1度同じ場所で高麗人参を育てたいなら、収穫から10年は土壌改善だけを続ける必要があるそうです。

このように高麗人参の6年根は、その土地の栄養を全て吸い尽くしてしまうのです。

その様な高麗人参ならこれだけ体に良いのは理解できますね。

 - 高麗人参