Utbtrendまとめ!

気になる情報をまとめています。

高麗人参は冷え性に効果的か?

   

冷え性は東洋の女性に多い症状です。特に日本人に限っては、実に70~80%が冷え性だと言われています。

冷え性の原因は血行不良。

血液が毛細血管を流れることによって、その先にある筋肉細胞や神経細胞に栄養を届けます。しかし血行不良を起こすことによって体を作っている細胞に栄養が行き届かなくなります。

栄養が細胞に届かなければ、その先にある細胞は壊死してしまいます。血流があるということはそれほど大事なことなのです。

冷え性に高麗人参は効果的

冷え性とは

冷え性とは、体全体は通常の体温なのですが、手の先とか足の先が局所的に低体温の状態をいいます。その原因は、その部位の血流が異常を起こしており、局所的に低体温となり、いわゆる冷えを起こしている状態を冷え性といいます。

冷え性は西洋医学では病気の症状としては認められていないのですが、東洋医学では病気になる前の「末病」として重要視されています。

東洋医学では、この冷え性が原因で大きな病気になる可能性もあると指摘しています。この症状が悪化すると全身の悪寒や痛み、倦怠感等、深刻な体調不良に陥る可能性も大きいといわれています。

たとえ、現時点の冷え性が軽い段階の症状であってもそのままにしておくのではなく、早い段階で解決に努めていく必要があります。

高麗人参は冷え性改善に効果的です

高麗人参は冷えの症状に対して、有効に働くことが解っています。高麗人参は脳下垂体に命令して、副腎皮脂ホルモンの分泌を促進します。血流のスムーズな流れを維持するとともに、正常に機能しなくなった、赤血球が自由に形を変えることが出来る能力を活性化することで、全身の隅々までに酸素を供給し、冷え性を改善します。

また、高麗人参には、有効成分サポニンの効果により、血管を拡張し血流を改善し熱を体の隅々まで運んでくれる特徴があります。

また、高麗人参の中には有効成分サポニン以外にも、ナトリウム、リン、アルミニウム、マンガン、カルシウム、マグネシウム、亜鉛などの豊富なミネラルも含んでいます。

これらのミネラルには栄養素の代謝を助ける効果があります。

栄養素が効率的に代謝される事により、熱が発生します。つまり末端の体温があがることに繋がるわけです。

この様な理由から、高麗人参は、昔から冷え性の改善薬として利用されているのです。

高麗人参は効率的に取ることが大事です

昔より高麗人参の栄養の取り方は色々な方法があります。

高麗人参をお酒に漬けてみたり、お茶で煮出してみたり、直接、食事に入れてみたり。

しかし、一番効率のよい摂取の仕方はサプリメントとして栄養を取ることではないでしょうか。

一度に、高麗人参何本分の有効成分(サポニン)をとれるのはサプリメントしかありませんね。

 - 高麗人参