Utbtrendまとめ!

気になる情報をまとめています。

男性の更年期障害には高麗人参が効果的

   

更年期障害といえば女性の悩みと考えていませんか?

しかし、男性にも更年期障害はあるのです。正しい知識をもって対応していきましょう。

男性の更年期障害

男性更年期障害は年齢層が広く悩みも長期化の傾向

女性の更年期は閉経期をはさんだ数年間であるのに対し、男性更年期障害は40代以降、50代、60代、70代でも発症の可能性があります。男性の更年期障害の特徴は、女性よりも長期間つらい思いをするかもしれないという事です。

男性更年期障害の直接の原因は男性ホルモンであるテストステロンが加齢にともなって減少することが原因です。

更年期障害を症状別に分けると

  • 性機能関連障害:性欲の低下、ED(勃起障害)
  • 精神・心理症状:抑うつ感や落胆、不安、疲労感、記憶力や集中力の低下など
  • 身体症状:発汗やほてり、睡眠障害、関節・筋肉関連の症状

などに分けることができます。

男性の更年期障害と女性の更年期障害の違い

女性の更年期障害は、閉経期を挟んで女性ホルモンが減少するのですが、脳が女性ホルモンの現象と言う状態についていけず、脳が勘違いしてホルモンバランスが乱れ起こす症状です。

これに対して、男性の更年期障害は、女性ホルモンでなく男性ホルモンが減少することによって同じく脳が勘違いしてしまいホルモンのバランスを崩し起こす障害です。

女性の更年期障害に対してのアプローチ方法としては2つあります。

女性ホルモンの役割に近い大豆イソフラボンを多くとり、女性ホルモンを増加させるアプローチを行い解決する方法。

もう一つは、自律神経が乱れるのを防ぐためのアプローチとして高麗人参の有効成分であるサポニン(ジンセノイド)を多く摂り自律神経の乱れを調整する方法です。

男性の更年期障害に対しての対応方法としては、男性の更年期障害は女性ホルモンの減少が原因ではないので、大豆イソフラボンをおおく摂取しても効果はありません。

男性の更年期障害に対応する方法としては、自律神経の乱れを調整する方法が一番の方法です。

その為には、高麗人参のサプリメントの定期的な摂取がお勧めです。

 - 高麗人参