Utbtrendまとめ!

気になる情報をまとめています。

骨盤の歪みと生理痛の関係

      2019/10/22

生理痛のいろいろな原因がありますが、「骨盤の歪み」もそのひとつです。骨盤の歪みが生理痛に影響するのは何故なのでしょう意か、その理由を調べました。

骨盤のゆがみと生理痛の関係

骨盤は女性にとってとても非常に大切な部分なのです。

「骨盤」は上半身と下半身をつなぐ骨格の中心に位置します。

骨盤は体を支える土台となる部分なのです。

骨盤の中には、排卵・生理・妊娠・出産に関わる「子宮」や「卵巣」、血液の浄化に関わる「膀胱」、老廃物の排泄に関わる「直腸」が入っており、これらの臓器を守る非常に大きな役割があるのです。

このように骨盤はとても重要な部分ですが、構造がとても不安定で歪みやすい特徴があります。そして、身体の中心にある骨盤が歪むと、体にさまざまな悪影響が及び、生理痛も悪化してしまいます。

骨盤の歪みが生理痛を招く原因とは

骨盤の歪みが生理痛を悪化させる原因には、次の様なことが考えられます。

  • 卵巣や子宮が圧迫される事
  • 骨盤内の血管が圧迫され、血液循環が滞る事。
  • 骨盤内の神経が圧迫されることで、脳から卵巣に届けられるホルモン分泌の司令がうまく伝わらなくなり、女性ホルモンのバランスが乱れる事。
  • 生理周期に合わせた骨盤の開閉がうまくいかなくなる事。

以上みてきたように、骨盤の歪みと生理痛の間には深い関係があります。しかし骨盤矯正により、生理の巡りをよくすることができ、その他の腰痛などの悩みも解決できるでしょう。

まとめ

女性は骨盤が不安定の為、骨盤が歪み安いのですが、骨盤のゆがみが身体の色々な部分に影響を与えます。

腰痛であったり、頭痛であったり、冷え性であったり、女性特有の生理痛の悪化であったり。

骨盤を正しい位置に戻すためには、骨盤矯正が必要なのですが、整体に通ったり、ガードルを付けてみたり、皆さん努力されていると思います。

骨盤矯正の方法の一つとして、骨盤矯正ショーツを利用する方法があるのですが、手軽だし、毎日いままでのパンツの代わりに履くだけだから簡単に骨盤矯正できるのではないでしょうか。

私はこの方法をプライビシットと言われる骨盤矯正ショーツを利用して行っています。

 - 骨盤のゆがみ