Utbtrendまとめ!

気になる情報をまとめています。

産後太りと骨盤矯正・崩れた体型を元に戻す為に

      2019/10/22

産後太りの原因は、骨盤のゆがみにあり

出産を終え、お母さんになった女性たちにとって、産後太りと体型の崩れは気になる問題だと思います。

妊娠する前にはスレンダーだった女性も、妊娠して、あかちゃんを出産したと思って安心したら、今度は産後太り、特に下半身を中心に脂肪がとれません。

産後の体重は産前の体重に戻ったのだけど体型が元に戻らないという悩みのママも多いようです。

出産を終わった女性からよく聞く声を集めてみました。

  • 体重は戻ったのに体型が戻らない
  • ポッコリお腹が元に戻らない
  • お尻が以前に比べて大きくなってしまった
  • 寸胴体型に悩まされている
  • 産前のジーンズやスカートが履けなくなった
  • 腰痛や肩こりがひどくなった

この様な悩みの大きな原因は骨盤の歪みにあるのです。

産後太りを解消するために産後に崩れた体型を戻すためには骨盤矯正を正しく行う事が本当に大事なのです。

産後太りが気になりだしたら骨盤矯正をしっかり行い、元の体型に戻しましょう。

産後太りの原因は骨盤のゆがみにあり

お子さんが生まれた友達を見ていると、
みんなポッチャリ体型になってしまってますね。

写真の女優さんの様に、体型が全く変わってしまう事もあります。

子供ができるとどうしてポッチャリ体型になってしまうのでしょうか。特に下半身太りに!

色々原因はあるみたいですが、大きな原因の一つとして骨盤のゆがみがあるのです。

女性は妊娠し出産の準備に入ると、産道を子供が通りやすくする為に骨盤全体と恥骨が広がる仕組みになっています。

産道が開く仕組み

骨盤が開くと、内臓は下に下がってきます。

そのため、胃下垂などになったりし内臓の働きが低下して代謝ががっくりと落ちてしまいます。

骨盤が下がると内臓が下がる

結局、妊娠して子供を産むことにより、骨盤が普通の状況ではなくて開いてしますのですから骨盤矯正して戻す必要があるのです。

戻さないと、よく見る産後太りの体型が将来にも続けてしまうのですね。

産後太りを解消する為には骨盤矯正

産後のママの体型の変化は歪んでしまった骨盤に原因があるという事は今までの話の中で理解してもらったと思いますが、いつ位から骨盤矯正を行えばよいのでしょうか。産後すぐからでよいのでしょうか。

産後骨盤矯正を開始する時期はいつ?

産後の骨盤矯正の時期

産後の女性のじん帯はとても柔らかくしなやかに時期なので、骨盤矯正やリフォームには絶好の機会なのです。基本的には、産後6か月までに骨盤矯正を行うのがおすすめです。

産後6か月を過ぎると、骨盤のグラグラが少ない状態になり、骨盤のゆがみが強い場合は骨盤を矯正するのが大変になることもあります。そうなる前に骨盤矯正や骨盤リフォームを開始したいですね。

ただし、産後一か月は産後の影響が体に残っている時期でもあります。無理をすると体調を悪化させる時期でもあるので、産後1か月は焦らず、体調と相談しながら骨盤矯正をスタートさせましょう。

産後の骨盤矯正の方法いろいろ

一般的に紹介されている骨盤矯正の方法としては

  1. 骨盤ベルトや骨盤ガードルを利用する
  2. 自分で骨盤矯正の為の産後体操やスクワットを行いましょう
  3. 整体やマッサージで施術を受けましょう
  4. 骨盤矯正の為に開発された、骨盤パンツを利用する。

方法としては色々あります。

骨盤ベルトやガードルを利用する方法

骨盤矯正をするのに便利なグッズとして、骨盤ベルト、産後ガードルがあります。

骨盤ベルト、産後ガードルは、理想的なボディラインをつくるサポートをしてくれます。育児をしながら継続して運動するのが難しい場合には、継続して使えるので人気の骨盤矯正グッズとなっています。

ただし、あまりにも早い段階からキツクしめすぎると、骨盤に悪影響を及ぼす可能性もあります。産後の時期ごとに適切な物を利用しましょう。

骨盤ベルト
骨盤ガードル

どの方法でも骨盤矯正して骨盤を元の位置に戻してあげると言う目的の為には効果はあります。

自分で骨盤矯正の為の産後体操やスクワットを行いましょう

骨盤矯正ストレッチ

骨盤を元に戻すための体操やスクワットが多くあります。産後の週数に合わせて確認しながら、体の負担にならないようにじっくりと進めてみましょう。

整体やマッサージで施術を受けましょう

骨盤マッサージ

プロの手を借りて産後の骨盤矯正をしたいと言う方にお勧めの方法です。

プロの手を借りて、骨盤を元の位置に戻すメンテナンスをしていきましょう。

体調に問題がなければ始められるので、産後すぐから施術可能な場合もあります。産後1か月検診を受けた頃から始めましょう。

最近では、託児所がついている所もありますので、近所の整体を捜してみましょう。

骨盤矯正の為に開発された、骨盤ショーツを利用する。

出産したばかりの頃は、骨盤ベルトや骨盤ガードル等を利用して骨盤矯正するのがお勧めです。

しかし、ある程度骨盤が正しい状態に戻ってきたら、骨盤パンツに変えてみる事をお勧めします。

骨盤パンツは骨盤ガードルの様に不格好でもありませんし、骨盤ベルトの様に使いにくくもありません。

産後の骨盤矯正だけではなく、一般的な女性も骨盤矯正の為に利用しているショーツです。

そのオシャレ感と普通の下着の様に扱えるのと、その骨盤矯正力が人気に秘密です。

金額も一枚¥1,980のフライビシットが凄く人気ですよ。

フライビシット

産後太りの骨盤矯正の為には継続が大事。

接骨院に通うにしても、自宅で骨盤矯正ストレッチをするにしても、骨盤矯正の為に骨盤矯正ベルトをするにしても、骨盤矯正ショーツを利用するにしても、一番の課題は継続性です。

あなたは、ストレッチを継続する自信がありますか。骨盤矯正ベルトを毎日つけて歩く自信がありますか。定期的に接骨院やエステに通う自信はありますか。

産後の骨盤矯正をするにあたり一番問題なのがこの継続性なのです。

産後の骨盤矯正は継続しないと効果がありませんし、継続しないと産後太りは解消されません。

しかし、方法があります。

毎日の下着を骨盤矯正パンツに変えれば良いのです。

しかし、履きにくい骨盤矯正パンツであれば継続する事は難しいでしょう。

そこで、おすすめなのが「フライビシット」です。

なにより、普通のショーツの様にオシャレですので、更衣室で着替えても目立ちませんし、ジーパンを履いても目立たないので、継続できる骨盤ショーツなのです。

骨盤ショーツ【フライビシット】をまとめた記事はこちらへ

まとめ

産後太りを解決するためには、骨盤を元の位置に戻してあげて代謝を上げ、下半身に脂肪がつかない様にする事が大事なのです。

簡単に治す方法はありませんが、骨盤矯正ショーツを履いて少しずつ骨盤を元の位置に戻してあげましょう。

 - 骨盤のゆがみ