Utbtrendまとめ!

気になる情報をまとめています。

お尻を小さくする為には骨盤矯正が効果的

      2019/10/22

ダイエットをしても、なかなお尻を小さくするのは難しいと思われている人は多いのではないでしょうか。

お尻を小さくするために何か効果的な方法はないのでしょうか。

お尻を小さくするためには広がった骨盤を矯正するのが効果的な様ですよ。

お尻を小さくする方法

お尻が大きくなってしまう原因は?

まずは、お尻を小さくしたいのであれば、お尻が大きくなってしまう原因を理解しておきましょう。

お尻が大きくなる原因には、この様な事が考えられます。

  • 骨盤が歪んでいる
  • 猫背の傾向がある
  • 足を組む
  • 内股で歩く
  • 座りっぱなしの生活
  • 運動不足
  • 片足重心で立つ
  • 小股であるく
  • ソファに浅く座る
  • サイズの合わない下着を着用している。
  • 全身が冷えている
  • 長時間座る習慣がある

お尻を小さくするためには、これらの原因を解決していくことが重要です。

他の部分でも同じなのですが、ダイエットの基本は、その部分の筋肉を強化して代謝を上げるのが基本です。お尻を小さくしたいのであれば、普段からお尻の筋肉を使うようにしましょう。お尻を小さくする第一歩はお尻の筋肉を鍛えてお尻を引き締める事が、お尻を小さくする方法です。

お尻を小さくする為の生活習慣

お尻を小さくするためには普段の生活習慣を正しくして見ましょう。

お尻を小さくする為にお勧めの生活習慣を紹介します。

階段を上る時の工夫をしてみましょう

階段を上るときは、つま先立ちで上るのが普通なのですが、かかとまでしっかりつけて上る習慣を身につけましょう。

かかとをつけて階段を上ることで、お尻の筋肉がしっかり使われるので非常に効果的です。

お尻に力をいれる習慣を身につけましょう

お尻をキュッと締めるようにお尻に力を入れてください。

この状態を30秒維持するようにしましょう。

これを3回程度繰り返すことでお尻の筋肉が鍛えられるので、非常に効果的です。

歩くときに肛門を閉める習慣を身につけましょう

歩くときに意識して肛門をしめて力を入れて歩きましょう。そうすることによってお尻の筋肉が鍛えられます。

姿勢を良くする習慣を身につけましょう

姿勢を良くすると、お尻がキュと引き締まります。姿勢をよくするような生活習慣を身につけましょう

大股で歩くようにしましょう

姿勢を良くして、大股で歩くだけでもお尻は鍛えられます

お尻を冷やさない

お尻を冷やさないように心がけましょう。お尻を冷やすと脂肪がついて大きくなってしまいますよ。

お尻は脂肪が多い為、下半身の中でも特に冷えやすい部分です。

触って冷え具合を確認してみてください。すごく冷えている人は、そのまま放っておくとどんどん脂肪がついてしまうので要注意です。

湯船にしっかり浸かる、お尻にカイロを張る、マッサージをするなどして冷えを改善することが大切です。

お尻が冷えている人は血流も悪い可能性が高いので、下半身もむくんでいる可能性もあります。

お尻を小さくするためにはマッサージが効果的

お尻のマッサージは、血行が良くなっている入浴中や入浴後に行うと効果的です。

お尻マッサージ

ボディークリームやマッサージオイルを利用して、軽いマッサージを行ってください。

  1. お尻全体を手で揉みほぐしましょう
  2. 太ももの境目もつまむように揉みほぐしましょう
  3. 手のひらで下から上に引き上げましょう

骨盤が開いているとお尻が大きく見えます

骨盤の広がりとお尻の大きさの関係

骨盤が開いていると、お尻は大きく見えてしまいます。

特に骨盤が開いていると、お尻が横に広がって大きく見えます

このような骨盤の歪みとか、骨盤の開きは日常生活でも起こりますが、出産後の女性に多く見られます。

その原因は、出産後に開いた骨盤をしっかりと元に戻さなかったことが原因です。

骨盤矯正

骨盤の開きや歪みが原因でお尻が大きく見えるのであれば、骨盤の歪みや開きを治してあげれば、お尻は小さく見えるのです。

骨盤の歪み・開きを元の位置に戻してあげましょう。

骨盤の位置を元に戻す

お尻を小さくするためには、骨盤矯正とお尻の筋力効果をしましょう。

骨盤の広がりがお尻を大きくしていたのは意外でした。

骨盤を元の位置に戻してあげれば、自然と横に広がっていたお尻も小さく見えてくるようになります。

しかし、それだけではお尻の脂肪は無くなりません。

骨盤矯正をする事により、ある程度、代謝をアップする事も出来ますが、骨盤矯正と一緒にお尻の筋力強化も行いましょう。

その方法はスクワットが一番おすすめだと思います。

お尻を小さくするためには骨盤矯正とストレッチ

お尻を小さくする為のスクワット

どんな人でも「スクワット」の経験はあるとおもいます。

お尻を小さくするために、このスクワットは有効だと言われています。

しかし、普通のスクワットをしていてもお尻を小さくするためには効果的ではありません。逆に太ももだけが鍛えられてしまいます。お尻を小さくする為のスクワットは、太ももの裏を鍛えてあげることが重要なのです。

太ももの裏を鍛えてあげることで、ヒップアップ効果が期待できるのです。

しかし、どの様にすれば、太ももの裏を鍛えるスクワットができるのでしょうか?

ポイントは、かかとに重心を置くことです。かかとに重心を置き、ひざがつま先より前に出ないようにスクワットをしましょう。イメージとしては、お尻を突き出すイメージです。意識してもひざがつま先よりも前に出てしまう人は、壁につま先をつけて行ってみてください。

慣れるまでに時間はかかると思いますが、確実に効果はあります。

小さなお尻を作るために寝方は関係あるの?

寝るときの姿勢は、お尻を小さくするために関係があるのでしょうか。

お尻を大きくしないための寝方で大事なことは、「カラダに負担をかけないこと」「骨盤のゆがみを解消するための寝方をする事の2点です。

体に負担のかかる寝方をすると骨盤のゆがみを引き起こします。お尻を小さくするどころか余計に大きくしてしまいます。

寝るときの姿勢としては、仰向けが一番良い寝方です。

ちなみに最も体に負担のかかる寝方はうつぶせです。うつぶせ寝はお尻も出ますし、O脚の原因にもなります。

なるべく体に負担をかけないようにするためには寝具選びも重要です。

枕は低めの物で、適度に硬いものを選びましょう

布団やマットレスも、固めの方が体に負担がかかりません。仰向けだと腰が痛くなるという人には、固めのマットレスがお勧めです。

骨盤矯正グッズは継続できるものを選ぶことが大事

骨盤矯正といっても色々な方法があります。

お金のかなる方法としては、エステもあります。しかし通い続けるのはなかなか難しい。

骨盤矯正ベルトなどもありますが、普段つけて歩き回るのは、服にも気を付けなければいけないし、これも難しい。

一番継続しやすい方法としては骨盤矯正パンツを履くことだと思います。

この方法であれば、ただ履いているだけなので継続できます。

でも、骨盤パンツも少し抵抗のある人にはフライビシットがお勧めです。

タレント達もブログで紹介していますが、本当に普通のおしゃれな下着感覚で骨盤矯正パンツとして利用できるのです。

 - 骨盤のゆがみ