Utbtrendまとめ!

気になる情報をまとめています。

肌のコラーゲンを増加する方法はあるのでしょうか?

   

コラーゲンは私たちのカラダを作る為の大事な要素なんです。

コラーゲンにはこの様な効果があります。

  • 美肌効果
  • 関節痛の緩和
  • 目の健康をサポート
  • 骨を丈夫にする
  • 血管を丈夫にし動脈硬化を防止する
コラーゲンの増加

コラーゲンはタンパク質の一種で、身体を構成するタンパク質の約30%を占めています。

体内コラーゲンの40%は皮膚に、20%は骨や軟骨に存在し、その他は血液や内臓などの全身に広く分布しています。

若い肌を保つためのポイントは肌のコラーゲン量です。

皮膚は、外側から表皮、真皮、皮下組織の3層の分かれます。

この中で真皮の部分は7割がコラーゲンで占めており、真皮のコラーゲンは細胞間同志をつなぎ合わせるだけではなく、コラーゲン同志を互いに結びつけて網目上にに張り巡らされた組織の間に水分を抱え込んでくれます。

コラーゲンは加齢と共に減少してきます、その結果として肌にハリが無くなりが増えてきます。

なので昔から女性陣は、フカヒレであったり、鶏鍋であったり、手羽先などコラーゲンの多そうな物が好きなんですね。よくテレビでもこれはコラーゲンタップリと鍋料理なんか紹介してますよね。

食事でいくらコラーゲンをとっても肌まで届きません

意外とみんな知らないんですが、残念な事に、いくら高級なフカヒレでコラーゲンを摂ったとしても、肝心の肌までコラーゲンはとどかないんです。

その理由を説明します。

コラーゲンはタンパク質の一種です。タンパク質は食べて消化される事によってアミノサン、ペプチドとなります。この段階でコラーゲンの形は無くなってしまうんです。また身体のいろんな所で合体してタンパク質に戻るんですがコラーゲンになるとは限らないのです。ここが大きなポイントです。

この点もポイントです。アミノ酸の分子量は89-204なの対して、コラーゲンの分子量は10-30万です。分解してから合体しないととても身体のあらゆる所に届きません。だから分解、合体を繰り返すんですが、コラーゲンがアミノ酸に分解して肌のコラーゲンに戻らないかもしれないと言うのが課題です。この問題を科学者が解決してくれたら、お肌はプルプルなんですけどね。

 - 美容