Utbtrendまとめ!

気になる情報をまとめています。

高血圧予防には納豆が効果的

   

高血圧予防には納豆が効果的

高血圧の一番の原因は何でしょうか。

ずばり、塩分です。

高血圧を改善するためには、減塩が必要なのです。

この減塩に納豆が効果的であり、納豆を食べることは血圧を下げる事につながるのです。

血圧が高くなると、動脈硬化、脳卒中、脳溢血、心筋梗塞などの原因になります。

納豆を食べて、血圧を下げましょう。

塩分の摂りすぎが血圧を高くする理由

高血圧の最大の敵は高塩分の食事です。

人間は血液中の塩分を一定に保とうという働きを本体持っています。

塩分を過剰摂取すると血液中の塩分濃度が濃くなるので、その分、水分を取り込みます。

この時に血管に多くな負担がかかり、血圧が高くなるのが高血圧症なのです。

高血圧に納豆が効果的な理由

納豆にはカリウムは豊富に含まれています。

カリウムにはナトリウムを尿として排出する働きがあります。

血液中の塩分の量を少なくしてくれる効果があるので、当然、高血圧症の改善につながります。

それだけでも効果があるのですが、その他にも納豆がお勧めの理由を説明します。

納豆には、血管にコレステロール沈着させない効果があるので、血管を健康に保つことができます。

また、脂肪の代謝に不可欠な、動脈硬化を予防する効果があるビタミンB2の含有量は大豆の2倍もあります。

その他に、抗酸化作用のあるビタミンEも多く含まれているので、血管を酸化・老化させない効果もあります。

なによりも、納豆には、血管をサラサラにするナットキナーゼが含まれており、その効果がすごく大きいのです。

血液をサラサラにするナットキナーゼの効果・効能

ナットウキナーゼは納豆の発酵過程で生まれる酵素です。

ナットウキナーゼには、血液中にできる血栓を溶かす効果があります。

この血栓を溶かす効果によって、血液をサラサラに保ってくれます。

納豆には、血液中のナトリウムを体外に排出してくれる効能もあり、血液をサラサラにして動脈硬化を防止してくれる効果もあるのです。

残念な事に、納豆には人によって好き嫌いが多い食品です。

その効果を知りながら、ナットウキナーゼの効果を感じられない人も多いのではないでしょうか。

もう一つ問題があります。

納豆は、血圧を下げることに効果的なのは間違いないのですが、タレに塩分の多い物を使ってしまう事です。

ナットウキナーゼの効果を感じていても、タレで塩分を摂りすぎてしまったら元も子もありません。

納豆を食べる時に減塩する方法も紹介します。

納豆を食べる時に減塩する方法

黒酢をタレとして使いましょう

黒酢には血圧の上昇を抑えるアデノシンという成分が含まれています。

雄には血圧を下げるクエン酸も含まれているので、さらに血圧を下げる効果があります。

黒酢には塩分がなく、塩分の多いタレの代わりに使えば美味しく減塩できて血圧もさらに下げる事ができるのでお勧めです。

まとめ

納豆には高血圧の効果的な効能が多くあります。

  • ナトリウムを追い出すカリウムが豊富
  • 動脈硬化を予防するビタミンB2が豊富
  • 血液をサラサラにするナットウキナーゼが豊富

これだけ読むと、納豆を毎日食べていれば血圧が下がるような感じがしますが、しかし盲点があります。

それは一緒に食べるタレに塩分が意外と多い点です。

塩分の摂りすぎが高血圧の原因ですので、本末転倒になってしまいます。

そこでお勧めの方法が、黒酢をタレの代わりに使う方法です。

黒酢には、塩分もないし、高血圧に効果的なアデノシンという成分も含まれているので、ぜひ、血圧を下げようと思っている人は試してみてください。

納豆がどうしても苦手だけれど、ナットウキナーゼの効果を実感したいと言う人にはサプリメントがお勧めですね。

セレクション

 - 血圧の悩み