Utbtrendまとめ!

気になる情報をまとめています。

水虫をお茶のカテキン効果で治す方法

      2019/11/17

水虫がお茶っ葉で治ると言うのは本当なのでしょうか?

水虫をカテキンで治す方法

お茶で水虫が治ると言うのは本当でしょうか?

水虫は白癬菌というカビの感染症です。白癬菌はケラチンという皮膚のタンパク質を栄養源としています。このカビは高温多湿を好み足の裏や足の間などに多く発症します。白癬菌に一度なると菌保有者になり、体の中に菌が保有してしまうととても厄介です。

では、なぜお茶の葉が水虫に効果があるのでしょうか。その理由はお茶の主成分であるカテキンの殺菌作用や消臭作用がすぐれているからです。

水虫をお茶で治す治療方法は?

治療の方法は2つあります。

お茶の出がらしを患部に巻く方法

  • お茶の茶葉にかけて、水分を切った物をお茶のパックに入れましょう。
  • そのパックを患部に当て、水分が出ないようにビニール袋で足を覆いましょう
  • 一晩そのままにして、起きたら洗って患部を乾燥させましょう。

緑茶で足湯をとる方法

  • 安い番茶や粉茶、80グラムをお茶パックにいれましょう。
  • バケツに、くるぶしが隠れるくらいが目安の約42度位のお湯を入れましょう
  • 数分、お茶を抽出してみてください
  • 両足をお湯に入れて、10分から15分を目安に使ってください、。途中お湯の温度が下がってきたらお湯をつぎ足しましょう。
  • 足湯後は患部をしっかり乾燥させてください。

これらを1~2週間程度試してみてください、まったく改善しないようでしたら、一度病院に行ってみましょう。水虫でなくて他の皮膚病かもしれまさん。自己判断ではなく正しく見てもらう事も大事です。

まとめ

スポンサーリンク

 - 水虫の悩み