Utbtrendまとめ!

気になる情報をまとめています。

顔の汗を止める方法

      2019/11/17

顔汗が止まらない

顔汗の悩み

ネットで顔汗の悩みを検索すると結構多く出てきます。

その中の一部を紹介しますね。

顔汗で悩んでます。

バイト中暑くもないのにダラダラ滝のような汗が流れてきたり、電車に乗った瞬間汗が止まらなくなったり、社員の方が真剣に話してるのに汗が垂れてきてそれどころじゃなくなったりします。

顔面多汗症です。夏場もどこかに出掛けたりしたいのに汗の事が気になりすぎて全然楽しめません。

何か顔汗を止めるための方法があったら知りたいです。

顔汗 頭汗 かなり酷いです。先月から念願の好きな仕事を始めました。

仕事に行くのは本当に楽しいですし頑張りたいと思います。しかし夏場は汗が止まらず それを考えると凹みます。朝 化粧をしてもお昼休憩終わる頃には化粧が崩れます。何か良い薬などがあれば教えて下さい。

本当に困っています。

元々温度調節機能があまり良く無いのは自覚していますが 首から上の汗を止めたい。切実です。宜しくお願いします

顔汗に悩んでいます。

顔用の制汗剤が欲しいと思い調べたのですが、、高くて手が出ません。3000円くらいまでの顔用制汗剤で副作用の心配があまりないもの、顔用じゃなくても顔にも使えるもの、制汗剤じゃなくても汗をとめる効果のあるものがあれば教えてください。

顔汗で困ること

顔汗の多い人の事をこれから顔面多汗症の人と呼ぶことにします。

顔面多汗症で困ることにはどんな事があるのでしょうか。

現実的な問題として、汗がしたたり落ちることによって服が汚れたり、見た目だけではなく汗の臭いも気になる所です。

顔面多汗症の人は、実際に顔に多くの汗をかくことで自分がはずかしいと思うことで更に汗をかいてしまうという悪循環意はまりやすい事もあります。

このような悩みは他人が見ると軽い悩みのように感じられますが、人に合うことがイヤになって外出をしなくなったり、対人関係や仕事にも支障が出やすくなるので、本人にとっては重大な問題です。

悩み相談の中でも、その状態が良く分かりますね。

顔汗の原因

では、実際に顔汗に多い人と少ない人にはどの様な違いがあるのでしょうか。

顔汗の原因について調べてみたいと思います。

健康な状態であれば体温が上がるとそれを冷ますために当然汗をかき体温調整をします。

しかし、体温が上がりすぎると、脳細胞が正しく発汗を促すことが出来なくなってしまうのです。

また、運動不足が続いたり涼しい場所に長時間いると、心臓から離れた体の末端部分(手や足)の汗腺が働かなくなります。

そして、代わりに筋肉が良く動く顔からの発汗量が増えると考えられています。

顔汗の原因は、このような運動不足や自律神経失調症、遺伝などが原因と考えられています。

顔汗の原因には下記のようなことがあります。

  • 運動不足
  • 顔面多汗症
  • ホルモンバランスの乱れ
  • 緊張状態
  • 興奮状態
  • 体温の上昇など

この中でも顔汗の原因として多いのが「運動不足が原因の顔汗」と「顔面多汗症」です。この二つの原因について掘り下げてみたいと思います。

運動不足が原因の顔汗

汗には体温が上昇したときに体温を調整するという大きな役割があります。

全身には汗を分泌するエクリン腺という汗腺が約300万個存在しますが、その大部分は顔と頭に集中しているのです。

運動不足が続くと汗をかく機会が少なくなるので、からだのエクリン腺が休眠状態に入ってしまいます。

その為、いざ体温調整が必要な時になるとエクリン腺が活発に働き過ぎてしまい、汗をかくところが集中している顔にばかり汗をかいてしまうと言うことが生じてしまうわけです。

顔面多汗症が原因の顔汗

過度のストレス、偏った食事などが原因で顔にばかり汗が集中していしまうことがあります。この症状の事を「顔面多汗症」といいます。

新陳代謝がよく、汗をかくやすいひとは運動時などに大量の汗をかきます。それに対して「顔面多汗症の人」は温度が上昇しなくても顔に集中して汗をかいてしまうのが特徴です。

スポンサーリンク)


顔汗対策

継続的方法

有酸素運動で汗をかくこと

顔汗の原因の所でも説明しましたが、普段、運動をしなくて汗をかかない習慣になってしまうと、汗腺はあまり使われなくなってしまうので休眠してしまいます。

しかし、汗腺が休眠しているからといって汗を体外に出さないわけにはいかないので、汗は比較的汗腺が活発な顔から出そうとするのです。

運動不足を感じている人は、ウォーキングやジョギング、水泳などの有酸素運動を少しでもして汗を体から出すようにすることが一番良いのですが、それでもハードルが高いと思う人は、まずはシャワーを控えてお風呂につかることから始める事をお勧めします。そうすることで、全身の血流の促進を促す生活習慣を身につけることができるようになります。

リラックス

顔汗の種類にはいくつかありますが、緊張や興奮したときに出る「精神的発汗」が原因の場合は、リラックスすることが一番効果を発揮します。

顔汗を気にしているときに、人目を気にすると気持ちが汗って、余計に汗が出てしまう経験はありませんか。

そんな汗は精神的なものが原因なのでリラックスすることによって抑えることができます。

方法としては、深呼吸、瞑想、ヨガなどがありますが、どれもハードルは高いですよね。

まずは、顔汗がでて緊張している時は精神を抑えるために深呼吸をする習慣を身に着けてみてはいかがですか。

即効性ある方法

首を冷やす

首には太い血管が通っています。特に首の後ろの頚動脈を冷やすと、冷えた血液が体中を流れていくので、一時的に汗を止めることができます。滝の様な汗が止まらないという時には、冷たいペットボトルや、塗れたハンカチなどで冷やしましょう。

さらし(バンド・帯)を巻くこと

舞妓さんや女優さんも実践している汗対策です。仕組みを説明すると、人体の持つ半側発汗という性質を利用した汗対策です。身体の一部が発汗しにくい状態にすれば、別の汗腺から汗が出やすくなるという特性を利用した汗対策です。

具体的には、さらし等で胸の少し上を締めることで、顔汗を抑えることができます。ただしデメリットもあります。顔汗を抑えることによって、お腹や下半身などの別の部位から発汗しやすくなるという点です。しかし顔汗で悩んでいる人であれば、メリットの方が大きいのではないでしょうか。

脇の下の圧迫

大急処置的顔汗対策として、脇に下を圧迫するという方法があります。この方法もさらしを巻くところで紹介した、半側発汗の性質を利用した方法です。例えば、右側の脇をぎゅーと抑えて圧迫すると、顔の右側の発汗が抑えられます。両脇をぎゅーっと圧迫することで、顔全体の汗を減らすことができます。ただし、個人差はあります。この方法は昔から言われている有名な方法ですが、あくまでも応急処置的方法ですので、根本的解決のためには他の方法もあわせてしたほうがベターです。

塩化アルミニウム液を使う

皮膚科のお医者さまへ相談すると塩化アルミニウム液を処方されることがあります。これは、汗の出口をふせぐことによって汗を止める方法です。しかし、この方法の場合は、肌への刺激やかぶれが起こる可能性があります。使い続けることによって、前と同じように顔汗がでてくるようになってしまうこともあるので、毎日実践できる方法ではありません。

ボトックス注射

ボトックス注射は、美容整形のシワとりによく使われる有名な方法ですが、この注射に含まれる成分には、発汗を促す神経伝達成分「アセチルコリン」の働きを抑える作用があります。そのため顔汗を止めることが期待できます。

メリットとしては努力の必要がない事ですが、デメリットとしては、効き目は半年から1年という事と継続して注射を打たなければいけないことですね。

ツボを押す

人体には無数のツボがありますが、その中には顔汗に効果的なツボもあります。そのツボを抑えることによって顔汗を抑えることもできます。

スポンサーリンク)


制汗剤を利用する方法

顔汗対策制汗剤を選ぶときの大事なポイント

実績ある制汗成分が入っているか

顔汗化粧品を選ぶときに一番大事なのは、汗を抑制するための成分が含まれていることです。

ポイントは必ず「フェノールスルホン酸亜鉛」が使われている顔汗対策化粧品を選びましょう。

フェノールスルホン酸亜鉛は毛穴で顔汗をキャッチしてくれるので、顔をさらさらにキープしてくれます。

肌に優しい天然植物エキスを使っているかどうか

顔という部分は肌の敏感な部分です。敏感な部分に使用するからこそ、お肌に優しい成分が含まれている顔汗化粧品を選ぶようにしましょう。そのポイントは天然の植物エキスを使っているかどうかです。

顔汗対策はもちろんですが、お肌のことを考えられた顔汗化粧品を選びましょう。

顔汗制汗ジェル「サラフェ・プラス」

サラフェプラスは顔汗対策の商品としては一番の人気商品ではないでしょうか。

市販では購入することはできません。

市販の制汗剤の場合は店頭に長期間保管するために、防腐剤などが入っているのですが、サラフェにはその様な物は入っていません。

その代わりに店頭に長期間置くことができないのです。その為ネットでの販売を行っているのです。

楽天、Amazonでも購入可能ですが、販売業者が在庫として長期間持っていたものかも知れないので、お勧めは直販サイトで購入することが安心ですね。

値段に関しても,楽天やAmazonで購入するよりもお得に購入できちゃいますよ。

スポンサーリンク)


おわりに(まとめ)

顔汗対策としては、やはり基本的には体質を改善して、顔汗を根本から治療する方法がよいのではないかと思いますが、間単に効果を出したいのであれば、アイテムを利用する方法が良いのではないでしょうか。

この暑い時期をなんとか顔汗の悩みを無しに乗り切りたいと思いませんか。

ぜひ、今回の記事を参考にしていただければ幸いです。

関連情報

顔汗制汗剤「サラフェ」の口コミ情報・特徴に関しての記事

 - 汗と臭いの悩み