Utbtrendまとめ!

気になる情報をまとめています。

汗で顔がかゆくなる

      2020/03/20

汗をかくと顔が非常にかゆくなったりしませんか。それには原因があります。

顔汗で顔が痒い

原因は肌のバリア機能(保護膜)が乱れているからです。

汗にはいろいろな成分や老廃物が混ざっています。汗の水分が蒸発すると、塩分や老廃物だけが肌に残ります。肌のバリア機能が乱れているとそれらが刺激となって、かゆみが出たり肌が赤くなったいする肌トラブルが起こります。

長い髪の毛も原因になったりします。髪の毛が顔に当たって刺激を与える事もありますので、特に気になる人は前髪は短くするなり対策を打つのがお勧めです。

汗で顔がかゆくならない様に対策するにはどうしたらよいのでしょうか。

肌のバリア機能を正常に戻してあげましょう。

汗をかいたら顔を洗って汗を洗い流してあげるのが一番です。

でも、お化粧なんかをしているとそんな具合にはいかないですよね。そんな場合には次の手順を参考にしてみてください。

汗を拭く

濡らしたハンカチで肌の上から汗を抑える感じで拭きましょう。この時注意してほしいのは、決して擦らないでください。余計に肌を気付つけてしまう原因となってしまいます。

肌は弱酸性で、汗はアルカリ性です。

バリア機能が正常であれば、汗をかいた後でもしばらくすると肌は酸性にもどりますが、機能が弱っていると肌はアルカリ性に傾いたままの状態です。弱っている肌には弱酸性の化粧水を使うのがお勧めです。

汗を拭くハンカチや洗顔後に使うタオルはこまめに替えて、清潔な物を使うようにしましょう。

肌のバリヤ機能と言う言葉も良く聞く言葉ですがとっても大事な機能なのです。この機能が正常に働かないと、外からの刺激をブロックするだけではなく、内側の物も外へと出してしまいます。

肌の内側に溜めておいた保湿に必要な水分が蒸発してしまったり。紫外線を皮膚の奥深く吸収してしまって小じわやシミの原因になってしまったりします。

バリア機能の低下は本当に将来を考えても注意が必要ですね。

その為にも顔汗対策はシッカリしましょう。

顔汗対策

 - 顔汗対策