Utbtrendまとめ!

気になる情報をまとめています。

関節痛サプリメント(軟骨サプリ)の働きは(主な成分は何)

      2019/08/04

関節痛サプリメント

はじめに

年齢を重ねるとともに、膝を中心とした関節に痛さを感じる人が多くなってくるのです。

そんな時に利用したいのが関節痛に効果があるという間接サプリメントだと思うのですが、そんな間接サプリメントにはどんな成分が使われていて、具体的に、どのような効果があるのでしょうか。

そのあたりをまとめて記事にしてみたいと思います。

関節痛が起こる原因

関節痛が起こる原因は簡単に説明すると、関節をスムーズに動かしている成分が年齢とともに減少してくるからなのです。

したがって、関節痛を治す為には、その成分を元の状態に戻してあげるように近づけることが重要であり、その為の有効成分を含んだ関節痛サプリメントを利用することが有効なのです。

関節痛の原因

軟骨の構成成分を知りましょう

軟骨の成分

まずは、軟骨の有効成分にはどのようなものがあるのかを知りましょう。

軟骨の有効成分は、Ⅱ型コラーゲンが75%であり。その他の成分が25%となります。

その他の成分の25%の内には、プロテオグリカンが多く含まれています。

この事実から分かるように、軟骨は水分を除くと、ほとんどがプロテオグリカン+Ⅱ型コラーゲンの2つの成分で90%を構成していることが分かると思います。

グルコサミンやコンドロイチンの役割

関節サプリメント(軟骨サプリメント)の有効成分といえばまず第一に、グルコサミンやコンドロイチンを思い浮かべるのではないでしょうか。

その考えも正しいのですが、今ではプロテオグリカンが注目されているのです。

まずは、グルコサミンとコンドロイチンの役割を説明します。

グルコサミンは軟骨成分そのものではなく、プロテオグリカンを作る成分なのです。

一方、コンドロイチンはプロテオグリカンの中に存在している成分なのです。

関節のスムーズな動くを作る成分を摂るのであれば成分そのもののプトテオグリカンを直接摂取したほうが効率的なのです。

「プロテオグリカン」は「グルコサミン」や「コンドロイチン」と異なり、軟骨そのものを構成する主成分として、いま注目され始めています。

プロテオグリカンは、保湿性に優れた成分であり、水をクッション材に軟骨の吸収の衝撃を吸収する大きな役割を担っているのです。

プロテオグリカンが今まで商品として売られてこなかった理由

その最大の理由は、プロテグリカンの金額があまりにも効果であったからなのです。

これまで、プロテオグリカンの抽出は非常に困難とされてきました。

プトレオグリカンが発見された当初は、牛からごく僅かしか抽出されなかったので非常に高価なものでした。1グラム抽出するのに3000万円以上かかったのです。

しかし、近年画期的な抽出技術が開発され、北海道産天然鮭の鼻軟骨(氷頭)から、効率よくプロテオグリカンを抽出することに成功したのです。

その結果、いまのサプリメントにはプロテオグリカンを含んだ関節サプリメントが出てきているのです。

まとめ

膝などの関節痛を回避するためには、軟骨の有効成分のプロテオグリカンをとることが効果的だったのですが、今までは高価な商品であったので、気軽に使うことができず、代わりとしてグルコサミンやコンドロイチンを利用した関節痛サプリメントを使ってきました。

しかし今では、プロテオグリカンが割かし手軽に手に入るようになってきているようですね。

関節痛の悩みも昔のように悩まなくてもよくなってきているのですね。

関連記事)

関節サプリ「深潤EX」の口コミ情報の記事

スポンサーリンク)


セレクション

 - 体の悩み