Utbtrendまとめ!

気になる情報をまとめています。

自宅でも脱毛器を利用してヒゲ脱毛

   

髭の脱毛または抑毛の方法としてメンズエステに通って脱毛・抑毛する方法もありますが、自宅で脱毛器を利用して脱毛する方法もあります。

今回は自宅でヒゲ脱毛をする方法について調べてみました。

髭の脱毛器

自宅でのヒゲ脱毛の金額感について

自宅で脱毛器を利用したいと言う方の意見としては、エステで脱毛・抑毛をするのを人に見られたら恥ずかしい、時間的に厳しい。自宅で脱毛した場合の方が安そうという人が多いようです。

自宅で脱毛器を利用して脱毛した場合、金額的にはエステに通う場合より安いのでしょうか。

自宅脱毛・抑毛にかかる金額の概算

まず、初期費用として脱毛マシン購入費用がかかります。

最近のマシンの費用としては3万円から10万円くらいかかるとの事です。

一度脱毛マシンを購入すれば後は費用は掛からないという事はありません。

光脱毛のできるタイプの機器はカートリッジの交換が必要ですし、その他のマシンでも付属のジェルなど消耗品が必要となります。消耗品で年間ランニングコストは数万円かかると思ってください。

初期費用と合わせると年間のランニングコストはエステに通うのと同じ位になると考えればよいと思います。

しかし家庭用脱毛器の場合、髭だけではなくて全身の脱毛もできますし、家族との共有もできますので、そう考えるとお徳なのではないでしょうか。

自宅で脱毛するメリット

自宅で家庭用脱毛器を利用して脱毛するメリットとして一番大きいのはエステと違って誰にも知られる事なく1人でヒゲ対策ができる事だと思います。

時間制約もないので、気軽に脱毛ができるのが大きなメリットでもあります。

使い続けるという事は、永久的に対策ができるので一回限りの施術よりも効果が出やすいとも言えます。

また、家族の中で脱毛を希望している人がいるのであれば、共有して使う事が出来るのが大きなメリットですね。

自宅脱毛のデメリット

自宅で脱毛をするデメリットとして考えられる点をいくつか列挙します。

ランニングコストがどれくらいかかるか把握しにくい

消耗品は最初は製品に付属でついていますが、実際の消耗品がどれくらい使うかは使って見なければわかりません。マシンによっては高額になる場合もあるので、注意しましょう。

自分で処理をする為、脱毛にムラがでる可能性がある。

光を照射するタイプの脱毛器の場合、自分で光を当てる場所を調節しなければいけません。この調整方法を失敗すると満足な脱毛ができません。ムラが出る場合があります。

アフターケアなどは全て自己責任

エステなどで脱毛をお願いする場合は、肌荒れやヤケドなどをする可能性は低いと思いますが、自分で脱毛を行う場合はヤケドや肌荒れも自己責任となります。特に肌の調子の悪い時などはケアが難しいので、エステに通うのと同じようには考えずヒゲ脱毛は中止しましょう。

まとめ

髭の悩みスポンサーリンク

 - 髭の悩み