Utbtrendまとめ!

気になる情報をまとめています。

岩瀬玄樹(King&Queen)だけではない芸能界のパニック障害

   

岩瀬玄樹

1月で人気アイドル(King&Queen)のメンバーの一人、岩瀬玄樹がパニック障害の治療に専念するために休養するという衝撃のニュースが流れました。

でも、芸能界にはパニック障害を患った経験をしながら今では元気に復帰している芸能人も多いの事実です。

芸能界で活躍するパニック障害を克服したにはどんな人がいるのでしゅうか。

パニック障害とはどんな病気

岩瀬玄樹さNは幼少期からパニック障害を抱えたといいます。

そんな中、ジャニーズジュニアとして活動していたのだからある意味感心だすよね。

5月に発売を開始した「シンデレラガール」は初週で57.7枚売れて大ヒット。

これからという時に、心のバランスを保つことができなくなり、芸能活動も難しくなり一時休養を決断したのですね。

芸能界は特殊な世界なのでパニック障害になりながら克服した先輩も多いようですよ。

具体的にパニック障害になるとどんな症状になるのでしょうか。

一般的には、強い不安や恐怖感を感じるのが特徴の精神疾患なのです。

突然起きる激しい動悸、発汗、震え。息苦しさを感じ強い不安感を感じる精神疾患の様ですね。

どのような人がなりやすいかというと、日常生活でストレスをため込みやすい人がなりがちとの事。

パニック発作を起こしても、検査しても身体的な異常は見つからないし、分かりにくい厄介な病気なのです。

自分自身は何かおかしいと自覚しても、人には理解してもらいにくい病気の様ですよ。

パニック障害を克服した克服した芸能人達

芸能界の中にもパニック障害をおこし、見事克服した人がいるで紹介します。

岡本隆史

岡本隆史は、人気絶頂の時、彼の真面目な性格わざわいして発症したみたいです。

強い不安感、焦燥感をその時期には感じたと、おかちゃんが感想を言っていました。

自分のサインが書けない。電話が取れないなのど症状をみて、仕事を続けると症状が悪化するのではないかと周りが心配。

相棒の矢部さんのの意見を聞いて2010年6月から半年間、休業していたのは有名な話ですよね。

しかし、岡本さんは休むことで自分が一人で無い事に気づき。回復に向かったそうです。

今は本当に元気になってよかったですね。

星野 源

彼は小学校の時、いじめになっていた様です。

そのいじめが原因でパニック障害を引き起こしたそうです。

その状況は高校生まで続き、精神安定剤を手放されなかったようですよ。

しかし、高校生の時にクレージーキャッツの名曲「だまって俺についてこい」を聞いて、「そのうち何とかなるさ」と開き直ったことで、パニック障害を克服したそうです。

今の彼を見ていると、そんな事があった様には見えませんが、彼も辛かったのでしょうね。

堂本強

彼はデビュー当時にパニック障害を患わったとの事です。

デビュー時は15歳。田舎から出てきたこともあり、ホームシックにもなっていたらしいです。

当然、周囲からの期待も多きく、使命感と責任感でプレッシャーに押しつぶされそうだったのでしょうね。

2003年のコンサート中に過呼吸になり、自分でもパニックをお越し過呼吸症候群になっていた事を告白していましたね。

今ではすっかり元気で活躍されています。

芸能界のパニック障害まとめ

芸能界は厳しい世界なのでプレッシャーを感じやすいのでしょうね。

しかし、忙しい世界でもあるので、なかなか人気スターが休養するのを芸能事務所としては考えるところなのだけど、今回のジャニーズ事務所の対応はさすがだと思います。

早く現場復帰してくれるのを期待したいですね。

セレクション

 - 未分類