Utbtrendまとめ!

気になる情報をまとめています。

イソフラボンには髭を薄くする効果があります

      2019/11/30

髭の濃くなる理由について、今まで調べてきました。

髭を濃くする理由には男性ホルモンが大きく関連していることがわかりました。

男性ホルモンが強い人ほど、髭は濃く、太く、多くなります。

一方、女性ホルモン「エストロゲン」には無駄毛の成長を抑制がある事をしっておきましょう。

イソフラボン

女性ホルモンの「エストロゲン」とは何?

エストロゲンは、月経直後から排卵をピークに約1~2週間、黄体ホルモンである「プロゲステロン」より有利になり、女性を美しくさせます。ボディラインや肌を綺麗にする働きがあり、頭皮を除く体毛の抑毛効果もあります。

しかし、エストロゲンは、一生のうちにティースプーン一杯ほどしか分泌されません。

髭を薄くする成分「イソフラボン」とは?

しかし、世の中にはエストロゲンに変わる同等の効果が期待できる成分が存在するのです。

それが、豆腐類に多く含まれている「イソフラボン」なのです。

代表的な髭を薄くする成分「イソフラボン」は女性ホルモンの「エストロゲン」とよく似た働きをします。

化学合成した「エストロゲン」もありますが、その成分を直接取り込みと、発がん性が高くなると言われています。

しかし、イソフラボンにはそんな心配は必要ありません。

安心して髭を薄くするアイテムを利用する事ができます。

イソフラボン製品を飲んだり、直接肌に塗っても、効果はありません

残念な事に直接、大豆製品を飲んだり、肌に塗っても直接効果はありません。

製品に含まれている「イソフラボン」が、加熱やビタミンCの作用による活性化で発生する「活性化イソフラボン」となり、これが抑毛効果を発揮する様です。

市販の抑毛ローションを購入するにしても、全てではありませんが「活性化イソフラボン」が含まれていない場合もあります。

抑毛効果を期待して市販の豆乳ローションを購入する場合は、よく成分を調べてから購入しましょう。

イソフラボンは、男性ホルモンの発生を抑制してくれます。

男性ホルモンの90%は、テストステロンという男子ホルモンであり、この男性ホルモンが多いと男らしくしてくれます。このテステステロンは、良い男性ホルモンと言えます。

これに対して、髭を濃くしたり、髪の毛を薄くする男性ホルモンが存在します。その男性ホルモンの事をジヒドロテストステロンといいいます。

このジヒドロテストステロンは、テステステロンと5αリダクターゼが結合することによってできてしまいます。

この結合を阻止すれば、髭の活性化を止める事ができるのですが、その過程で大きな役割をイソフラボンはしてくれるのです。

まとめ

髭を薄くするローションの多くは、5αリダクターゼとテストステロンの結合を阻止するための成分が多く含まれております。

髭を薄くしたり、肌をきれいにするローションとしては、Zローションが私のおすすめです。

Zローションの効果に関してまとめた記事はこちらです

髭の悩みスポンサーリンク

 - 髭の悩み