Utbtrendまとめ!

気になる情報をまとめています。

日当たりの悪い部屋は寝起きが悪い

   

朝スッキリ起きれないのは、朝起きる時に部屋が暗いのが大きな原因です。

考えてみてください。

朝に太陽の光のあびて寝ていたら自然と気持ちよく起きれると思いませんか。

日差しの悪い部屋

日差しに当たることにより目覚めを自然な形で誘発してくれます。

それ故、日差しが何らかの理由で当たらない部屋という場所で寝ている人はその分、朝の陽ざしに自然にあたることができないので、非常に寝起きが悪くなる傾向があります。

特に、寝室に窓が無いような暗い場所で寝ている人は、自然に朝の時間帯に起きることが目覚まし時計の助けなしでは非常に難しいと言えます。

寝ている時は暗い方が気持ち良いと思いますが、起きる時は、いつまでも部屋の中が暗い状態だと、なかなか起きれません。

カーテンを開ければ太陽の光を浴びる事によって起きれると思いますが、窓が無かったり、日当たりの悪い部屋では工夫が必要だと思います。

朝になって時間がきたら、照明が自然とつくような工夫をした方が、目覚ましの不快な音で起きるより寝起きはいいと思います。

まとめ

 - 快眠と気持ちいい目覚め