Utbtrendまとめ!

気になる情報をまとめています。

日焼け・紫外線対策

   

毎年、春がきて、ポカポカ陽気になる時期がきて、この時期から気にしないといけないのが紫外線により日焼けです。

紫外線量は、4月ごろから増え始めて5~8月に向けてピークを迎えます。

正しい知識をもって万全な紫外線対策をしましょう。

日焼け止めの基礎知識(SPFとPA)

まずは紫外線について知っておきましょう。

紫外線は詳しく見ると3種類に分かれます。UV-A,UV-B,UV-Cです。

紫外線の種類は3種類

UV-Aは老化の原因のもと

UV-Aは、地表に届く紫外線の90%以上を占めていて、夏だけではなく通年照射している紫外線です。また、他のUV-B,UV-Cに比べて、紫外線の中で一番に人体への害が少ない光線です。

しかし、人体に影響が少ないといっても美容には大敵な光線なのです。UV-Aは肌の奥の真皮層にあるコラーゲンやエラスチンといった、美容に欠かせない組織を破壊してしまうので、しみ、しわ、たるみが発生し、老化の原因となってしまいます。

また,UV-Aを浴びると、皮膚にメラニン色素が合成されます。メラニン色素は皮膚を黒っぽくし、シミを作ります。

日焼けサロンに通う人も多いと思いのですが、実は日焼けサロンで照射される光線はUV-Aなのです。小麦色の肌は一見、健康そうに見えますが、実は肌の老化をさせているのだという事を理解しておきましょう。

UV-Aはガラスなども通過してしまうので、屋内でも注意が必要ですし、曇っている日は日焼けしないと思っている人も多いと思いますが、曇りの日でも快晴日の80%ほどの光線が降り注いでいるのです。曇り空でも安心しないで下さい。

UV-B UV-Cはかなり有害な紫外線

UV-BはUV-Aの100~1000倍人体へ有害といわれる紫外線で、特に夏に照射の多い紫外線です。しかし、この紫外線は物を通過する力が弱く大気中で分散されてしまうために、地上に届く紫外線のうち10%未満しかありません。

しかし、その力は強力であり、水ぶくれや炎症など、皮膚を強烈に日焼けさせる原因となります。

皮膚に比べて目は非常にUV-Bに弱いので、夏場に出歩く際には、サングラスやつばのついた帽子をかぶるのがお勧めです。

UV-Cに関しては更に強力な紫外線です。しかし、この紫外線は地上に届くことは殆ど無いので、あまり考えなくても良いと思います。

日焼け止めに書いている 「PA+」の意味は?

PAとは「Protection Grade of UV-A」の略で、「その日焼け止めが、どれだけ紫外線中のUV-Aから肌を保護してくれるのか」を表したものです。

+の意味に関しては、保護効果の強弱を表します。

日焼け止めの「SPF」の意味は?

SPFとは「Sun Protection Facter」の略で、どれだけ紫外線中のUV-Bから肌を保護してくれるのか?を表したものです。

SPFの数値が大きいほどUV-Bからの保護効果が高くなり、日本国内での最高値は “SPF50” と定められています。

肌の赤くなる日焼けが起こるまでの一般的な平均時間は20分とされています。その20分という時間を「何倍の時間までのばすことができるのか」というのがSPFの数字です。例えば「SPF10」の日焼け止めならば,10倍の200分までは日焼けを防ぐ効果があるというわけです。

日焼け止め選びのポイント

日焼け止めの原理を理解しましょう

日焼け止めのタイプには2種類のタイプがあります。紫外線散乱剤と紫外線吸収剤です。

紫外線散乱剤

紫外線を反射することによって日焼けを防止するタイプ。酸化チタンや酸化亜鉛などの鉱物由来の成分が利用されます。肌の表面に反射膜をつくって紫外線をブロックしているイメージです。

紫外線吸収剤

紫外線を吸収して熱エネルギーに変換し、放出することで肌に直接紫外線が届くのを防止するタイプです。このタイプは日焼け止め効果が高いので、絶対に日焼けしたくないという人にはお勧めな日焼け止めです。

日焼け止めの正しい使い方

日焼け止めは正しく塗らないと、効果がでません。日焼け止めの正しい使いかとを理解しましょう。

外出する30分前には塗りましょう

日焼け止めは、肌に馴染まなければ効果を発揮しません。少なくとも外出する30分前には塗るようにして、皮膚に十分馴染ませてください。

ムラなく綺麗にのばしましょう

日焼け止めを塗るときは白くなってしまうのが不安で、思いっきり伸ばしがちです、しかし、あまり伸ばしすぎてしまうと効果が半減してしまいます。SPF,PAの数値は平行センチメートル当たり約2㎎ずつ塗った時の値です。その位を目安に、少量ずつ出して、肌にムラなく伸ばしましょう。塗りムラがあると日焼け止め効果が落ちてしまいます。

すり込まないようにしましょう

日焼け止めは肌を覆うように使いましょう。すり込んでしまうと肌への刺激を増幅させてしまいます。

2~3時間おきに塗りなおしましょう

最近は水に強い日焼け止めも多く出ていますが、どうしても日焼け止めは水に弱く落ちやすいものです。汗のかきやすい場所などは、こまめに塗りなおしてあげましょう。また、日焼け止めによるお肌のダメージが気になる人も多いと思いのですが、そんな方は、SPF・PA値の低いものをこまめに塗ることで肌への悪影響を抑えることがお勧めです。

日焼け止めは化粧の前に塗ることが大事です

塗る順番としては

  1. 保湿クリーム、美容液
  2. 日焼け止め
  3. 下地
  4. ファンデーション

の順番で塗りましょう。

化粧下地を先に塗る理由は、お化粧のノリが良くなるためです。化粧下地の機能を持った日焼け止めや、高いSPF・PA値を持った化粧下地もありますので、そういったものを使用するのであれば、どちらか1つでも問題無いでしょう。

日焼け止めの正しくない塗り方

日焼け止めは乾燥した肌に塗らない

乾燥した肌は免疫力、抵抗力が低下しているケースが多いです。しっかりと保湿して肌の状況を整えてから日焼け止めを塗りましょう。また、そもそも日焼け止めを塗ると乾燥しやすいものなので、素肌にそのまま塗るとお肌に負担がかかります。保湿をすることで、日焼け止めの浸透力も高くなり、効果も増します。ぜひ保湿クリームは美容液等でしっかり保湿してから日焼け止めを塗りましょう。

去年の日焼け止めは使わない

保管法によっては雑菌が繁殖したり、品質や香りが変化していることもあります。前のシーズンに購入した日焼け止めの使用は控えましょう

日焼け止めを薄くのばさない

少量を薄く塗るとムラができてしまいます。その結果、紫外線効果が薄まってしまいます。日焼け止めは惜しみなく、ムラなくのばして使用しましょう。

日焼け後のアフターケア

顔に日焼け止めを利用したときはクレンジングで丁寧に落とし、洗顔して綺麗に洗い流しましょう。それと同時に、化粧水や乳液で保湿もシッカリとしてください。腕や足などの体に塗った日焼け止めも、同様に綺麗に洗い流した後、保湿をしっかり行いましょう。

日焼け止めサプリについて

モデル業界でも評判の日焼け止めサプリメント、日焼け止めサプリと塗る日焼け止めには根本的に目的が違います。その違いはどんなところにあるのでしょうか。

塗る日焼け止めの効果

日焼け止めに関しての疑問

赤ちゃんの日焼け止めはどうしたらいいの?

赤ちゃんの肌は大人の肌よりもデリケートです。日焼け止めを選ぶ場合にも気をつけて選びましょう。

赤ちゃんの場合に普通の生活の日焼け止めであればSPF20~30のもので十分です。しかし、海やプールなどの長時間紫外線を浴びるような場所ではSPF30以上のものを選ぶようにしましょう。帽子やUVカットができるような洋服を着させてあげると安心です。

赤ちゃん、子供の日焼け止めを選ぶと時にはノンケミカルな物を選びましょう。

多くの日焼け止めは紫外線吸収剤という物が含まれていてお肌を紫外線から守っています。しかし紫外線吸収剤は刺激が強く、赤ちゃんや子供の肌は敏感なため、かぶれてしまうことがあります。

ノンケミカルな日焼け止めは、ほとんど化学原料は使用せず、自然原料のみで作られている紫外線散乱剤が用いられています。なのでお肌にも優しいのがポイントです。

また、無香料、無着色の物を選ぶと肌への負担軽減にも繋がります。日焼け止めを落としきれず、成分が残ってしまうと肌に対して大きな負担が掛かってしまうので、のびがよくてムラにならず、簡単に落とせるタイプの日焼け止めを選びましょう。

スポンサーリンク

 - 日焼け止めサプリ