Utbtrendまとめ!

気になる情報をまとめています。

紫外線を浴びると「しみ」が増えます

   

日焼け対策、紫外線をあびて肌への「害」で一番気になるのがメラニン色素生成への作用だと思います。

こんなものどうしてできる、いらないのに!と思いませんか

でもメラニン色素も肌には必要な物なのです。その仕組みを理解しておきましょう。

日焼けをするとシミが増える

メラニン色素の役割は何なのでしょうか?

メラニン色素には紫外線からお肌を守ると言う大切な役割があるのです。

メライサイトから放出されて皮脂細胞に入り込んだメラニン色素は、お肌に入ってきた色素を吸収します。そしてお肌に入ってきた紫外線を吸収して炎症を防止して、細胞が傷むのを防いでくれる機能があるのです。

だから白人に比べて有色人種は皮膚がんになりにくいとも言えます。

しかしメラニン色素が影響してシミ、ソバカス、クスミができたり、肌が暗くなってしまうのも事実です。

メラニン色素はどうしてシミになってしまうのでしょうか?

メラニンは何故、身体から出て行ってくれないの?

紫外線を浴びる量が少なくなればメラニン色素の生成もゆるやかになります。

メラニン色素入りの表皮細胞はターンオーバーで剥がれ落ちる事により、肌の白さは元に戻ります。

しかし、その生成と排出のバランスが崩れると、シミができてしまうという仕組みです。

しかし、紫外線を浴びすぎるとメラニン生成が過剰になります。

紫外線を浴び続けると、一部のメラノサイトが暴走してメラニン色素生成が止まらなくなってしまう事があります。

おして人間は加齢になると肌のターンオーバーのスピードが遅くなり、余分なメラニン色素を含む細胞もなかなかお肌からさっていってくれません。

だから年齢が上がるとシミは増えます。

なので、若い頃よりもっと「紫外線を浴びない」「ターンオーバーを整える事」が大事となります。

スポンサーリンク

 - 日焼け止めサプリ