Utbtrendブログ!

名古屋に住んでいるチヒロといいます。豆知識を集めることが好きで色んな事をブログにまとめて発信していきたいと思います。ツイッターでも発言してるので見てくださいね。

髭を薄くする抑毛ローションの口コミ分析

      2019/05/19

ヒゲが濃いことで悩んでいるあなた。

青髭を目立たなくしたいと思っているあなた。

髭を薄く方法として、髭剃り跡に抑毛ローションを使うのが効果的との口コミがありますが、本当なのでしょうか?

抑毛ローションの口コミを調査して分析してみたいと思います。

抑毛ローション 口コミ

髭を薄くするための抑毛ローション口コミ

  • 半年程1日1回シェービング後に抑毛ローションを使用しましたがまるで効果なし。 使用前より気になるようになって毎朝のシェービングが余計に憂鬱になりました。
  • 使用して1週間たちますが、あまり効果がないように思います。

なにか抑毛ローションを利用しても効果がない様な感じがしますね。

しかし、全く違う意見もあります。

  • 正直、あまり効果は期待せずに購入。雑誌に載っていて良さげだったのでとりあえず試そう。そんな気持ちでした。 そしてこの商品はいい意味で裏切ってくれました。 私の場合、付け始めて数日で効果を実感。ひげが伸びるのが遅くなっている?証拠があるわけじゃなくて感覚なのですが遅くなってるって感じるだけで嬉しかったです。 個人差はもちろんあると思うけど、ひげやムダ毛が伸びるのが早い人はお試ししてみてはいかがでしょうか。私はおすすめです。
  • 使用感は滑らかで、柑橘系のにおいも私は気に入りました。 使用し始めてだいたい1ヶ月半になりますが、髭の伸びる早さが遅くなり毎日髭剃りをする必要がなくなりました。剃る時間も減り、肌への負担も軽くなったかと思います。
  • 私は初め、この商品で本当に効果が出るのか疑っていましたが、2か月・3か月と長く続けていくうちに効果を実感できるようになりました。 即効は望めませんが、効果があるのは確かです。もう、二年使い続けています。
  • 私の場合、ゼロファクターの抑毛ローションを使っているのですが、購入して最初の1ヶ月はほとんど効果を感じることができなかった。2ヶ月目から思いなおしローションを朝、昼、晩と何回もたっぷり塗るようにしたのです。そしたら次第に髭が柔らかくなっていました。髭が柔らかいので、カミソリ負けしないし、青髭も目立たなくなってきて、肌も綺麗になってきました。やはり最初の月に効果がでなかったのは、塗る量をケチっていたのでしょうね。

抑毛ローションを利用して効果を感じている人の口コミを分析してみますと、ある程度の期間利用して効果が出てきているようですね。

逆に低評価の口コミを分析してみると、圧倒的に利用期間が少なすぎるような感じです。最低3ヶ月は効果が出るまで利用したいですね。

もう一つ、使う量はタップリ使う必要があるようですね。この点が少しデメリットかも知れませんが、タップリ塗る必要があるようですね。

髭抑毛ローションの口コミを分析してまとめてみますと

  • 利用する期間は最低、3ヶ月は利用する必要がある
  • 塗る量はケチってはだめ。たっぷり塗る必要あり
  • 塗り続けると、髭が薄くなり、髭剃りが楽になる
  • 髭剃り回数が減ることにより、肌への摩擦がなくなるので肌がきれいになる。

以上の様なことが口コミを分析してわかりました。

ゼロファクター5αspローションの口コミ


効果を感じるためには長く使うことが必要です

私は初め、この商品で本当に効果が出るのか疑っていましたが、2か月・3か月と長く続けていくうちに効果を実感できるようになりました。

即効は望めませんが、効果があるのは確かです。もう、二年使い続けています。

髭剃り後に使うのが効果的です

髭剃り後に使うと効果が実感できます。

あと、スキンケアに良い成分も色々入っていて、化粧水ローションとしても良い感じです。

シェービング後のお手入れが1本でできるので、色々なものを使おうと思うと、結局コスパはかなりいいです。

最初は効きますし、青ひげで悩んでいるなら購入するといいと思いますよ。

一日に3、4回使うのがお勧めだとおもいます

髭剃り後のヒリヒリ感が無くなります。

1日3,4回塗ることで効果が出た気がします。

朝→髭剃り後。昼→昼食後(フェイスペーパーを用いて洗顔後)夜→帰宅後・入浴後の4回がおススメです。

ゼロファクター5αspローションのその他の口コミ

NULL アフターシェーブローション


「NULL アフターシェーブローションの口コミ」毛穴の引き締め効果があります

こちらは、シェービングの後の傷んだ肌の保湿とケア、毛穴の引き締め効果があるアフターシェーブローションになります。
厳選された豆乳発酵液やダイズ種子エキス配合!
イソフラボンやサポニンにはホルモンのバランスを整え、美肌に導いてくれる効果が♪

ポンプ式なのでサッと取り出せて、簡単に使えるのが便利だと思います。

ローションはとろみなどがなく、サラッとしたテクスチャーになっていました。
とてもみずみずしい使用感で浸透力も◎

また、香りがついているのも印象的でした!

嫌な香りではないのですが、爽やかな香りで若干香水のような香りがします。

さっぱりと使えてベタつきなどはありません。

私は父にプレゼントしましたが、とても喜んでもらえました。

ポイント

  • 毛穴の引き締め効果があるアフターシェープローション
  • ポンプ式なのが便利
  • ローションはとろみのなく、サラッとしている
  • 肌への浸透がよさそう
  • 若干香水のような香りがします。
  • ベトツキはない

パイナップル豆乳ローション


抑毛ローションが髭を薄くする仕組み

抑毛ローションを髭剃り後に塗ることによって何故、髭を薄くすることができるのでしょうか。

まずは、その仕組みを理解しましょう。

髭が濃くなる原因は、ずばり、男性ホルモンの過剰分泌の様です。

男性ホルモンが多いと髭が濃くなるわけですね。しかし、この男性ホルモンは男性の身体を作るためには大事な成分であり、単純に分泌を減らすような注射を打つわけにはいけません。

髭はどのように生えてくるのかを説明すると、男性ホルモンの大部分を占めるテストステロンが、ある事が原因でジヒロドテストステロンという悪玉男性ホルモンに変化することによって、その悪玉男性ホルモンが、毛乳頭に髭を太く伸ばしなさいと命令することが原因なのです。

では、そのある物とは何なのでしょうか。毛乳頭の周りに存在する活性酵素(5αリダクターゼ)という物質が犯人なのです。

この5αリダクターゼの活性化を抑えることができれば、太い髭を細くし、伸びるスピードを遅くすることができるのです。

髭が伸びる原因

抑毛ローションの目的はそこにあり、成分には5αリダクターゼの活性化を阻害するための成分が含まれており、塗り続けることにより、髭の伸びるのを抑制しようと言うのがその目的なのです。

抑制ローションの効果が出始める時期

一般的に抑毛ローションの出始める時期は、使い始めて4週間目くらいです。

抑毛ローションの効果としては

  • 髭が細くなり、全体的に薄くなってきます
  • 髭の伸びるスピードが遅くなってきます
  • 青髭が目立たなくなります
  • 髭剃りがしやすくなります
  • 髭を剃る回数が減ってきます

しかし、抑毛ローションは効果が出だしても、すぐにやめてしまうと元の毛根の状況に戻ってしまうので、効果がでてもすぐに止めてはいけません。最低でも1ヶ月は継続的に利用するようにしましょう。

抑毛ローションのメリットとデメリット

抑毛ローションを使うにしてもメリットとデメリットがあるので、そのあたりを理解しておきましょう。

デメリット

  • 効果には個人差があります。効果を実感するまでに2~4週間かかるのが一般的です
  • 継続して使用していないと、なくなった髭が再生されてしまいます
  • 髭が完全になくなるわけではないので、毎日の髭剃りは必要です

メリット

  • 髭の成長を根本から抑制してくれる
  • 美肌効果を期待できる
  • 塗るだけなので手軽である
  • 自宅で好きな時間に抑毛する事ができる
  • ムダ毛処理の回数が減る

抑毛ローションの役割はあくまでも髭の成長を抑制するのが目的です。

完全に髭が生えてこないようにすることはできません。

完全脱毛を目指すのであれば、永久脱毛が可能な脱毛サロンやクリニックを検討しましょう。

抑毛ローションの主な成分は?

抑毛ローションの主な成分は

髭は5αリダクターゼという酵素が活発になることで、毛根が活性化し髭が濃くなったり、生えるスピードが速くなったりします。20代を超えると、この5αリダクターゼが劇的に増加してくるので髭が濃くなってくるのです。

抑毛ローションの中には、この5αリダクターゼの活性化を抑制するための成分が入っているのですが、どの様な成分が含まれているのでしょうか。

一般的には、この3点の成分が含まれています。

  • 大豆イソフラボン
  • ノコギリヤシ
  • ごぼうエキス

これらの有効成分には、5αリダクターゼの活性化を抑えたり、毛根の活性化を抑えることによって、髭の生えるスピードを抑えたり薄くすることができるのです。

抑毛ローションを選ぶ場合のポイント

抑毛ローションを選ぶ場合、注意したいポイントは3つあります。

  1. 抑毛効果・抑毛成分
  2. 浸透力
  3. 安全性

抑毛効果・抑毛成分

抑毛成分の効果を発揮するためには「5αリダクターゼ」の働きを抑えられるかどうかが重要なのです。

主に「大豆イソフラボン」「 ノコギリヤシ」「ごぼうエキス」「桃の葉エキス」「カミツレエキス」などがどの位配合されいるかをチェックしましょう。

浸透力

抑毛ローションの有効成分がいくら有能な成分でも、毛穴に浸透して毛母細胞や毛乳頭にアプローチできなければ成果を上げることはできません。浸透力が高い物を選ぶ事が成功のポイントとなります。

浸透力に関しては各メーカーが競い合っているところです。それぞれメーカーのアピールポイントになっているので十分に説明を読みましょう。

安全性

抑毛ローションは皮膚につけるものなので、人工の抑毛成分が含まれているものは避けましょう。

ネットで販売されている物は、ほとんどは自然由来の成分を利用していることを売り文句にしているので安心ですね。

抑毛ローションと除毛クリームとの効果の違い

抑毛ローションの考え方と除毛クリームの考え方は全く違います。

除毛クリームにはたんぱく質を溶かす成分が配合されています。

たんぱく質である毛を溶かすことによって、腕や足の毛を綺麗にすることが可能です。

除毛クリームは、皮膚上に出ている毛を溶かしているだけなので、除毛クリームを使用しても周期に基いてふたたび毛が生えてきます。

また、たんぱく質を溶かす性質があるので、皮膚の薄い顔には使用できません。

よって、顔に生えてくる髭を薄くしたいのであれば毛根に働きかけ根本から髭を薄くしてくれる抑毛ローションがお勧めです。

まとめ

髭を薄くするローションを口コミから分析してまとめると、太く濃い髭を、細く薄い髭にするのには確実に効果があるようです。

ただし、問題は即効性は無いということです。

短期間での効果を求めている人たちの間では決して評判はよくありません。

抑毛ローションの役割は、髭を太く濃くする原因である毛根に働きかけて、濃い髭が生えないようにするのが目的なので、どうしても、脱毛のように即効性を求めることはできないようです。

気長に、日ローションを塗り続けるしかありません。

口コミ評価の良い人の評価をみていると、毎日、タップリと塗り続けていると、3ヶ月位目で、気づかないうちに薄くなってきたという人の感想が多いのがわかりますね。

青髭を治すにしても、濃く太いヒゲが細くなれば、自然と皮膚の下の髭の剃り残しが目立たなくなるので、青髭も見えなくなるのですね。

脱毛は費用も掛かるし、自分にはできないけれど、毎日すこしづつ気長に髭を目立たないようにしたいと言う人に抑毛ローションはお勧めです。

 

 - 青髭対策・ムダ毛対策