Utbtrendまとめ!

気になる情報をまとめています。

ひげはいつまで濃くなるのか?

   

男性は思春期になると髭が生えだしてきます。髭だけではなく体毛も濃くなります。

年齢としては、中学、高校、大学の時期、一番多感な時期ですね。

男性ホルモンの働きは人によって個人差がありますが、男性ホルモンの多い人はこの時期に一気にひげが濃くなり、青髭になったりします。

思春期を超えると髭は薄くなるのでしょか?

実は、男性ホルモンの分泌は年を重ねるごとに多くなって、髭はどんどん濃くなっていくのです。

髭はいつまで濃くなるのか

ひげが濃くなる年齢は?

男性のひげが濃くなるのは思春期をを迎えた15歳から60歳くらいまでです。

若い頃は髭が濃くなるのは理解できるけど、50歳60歳になっても髭は濃くなるの?と思っている人も多いと思いますが、実は髭が濃くなる原因である男性ホルモンが一番活発になるのは40代~50代なのです。

同じく男性ホルモンの影響を髪の毛も受けるのですが、ひげとは逆に男性ホルモンの影響により髪の毛は薄くなります。

働き盛りの40代50台は頭髪が薄くなって、髭が濃くなるのですね。

もちろん個人差はあるので、20代30代が一番髭が濃い人もいますが、一般的には40代50代の男性が一番男性ホルモンが活発であり髭が濃くなるのです。

40代50代、肌自体も老化が進んでいます。

シワやシミが増えたり肌荒れもしやすくなるので、ゴツゴツした肌に青髭が目立つようになります。

青ひげ対策はいつからすればよいのでしょうか?

青ひげは、髭が濃い男性が毎日お手入れをしても、ヒゲの根元がもともと濃いので、いくらヒゲを綺麗にそっても皮膚の下にあるヒゲの元が皮膚を通して見える状態をいいます。

青ひげを解決する方法としては、ヒゲの根元そのものアプローチするしか方法はありません。

一番、濃いヒゲ対策で聞く方法は、医療機関によりヒゲ脱毛だと思いますが、費用面と、面倒くささと、施術の痛さを躊躇して踏み切れない人も多いのではないでしょうか。

そんな人にお勧めなのが、ヒゲを薄くする抑毛の方法です。

ヒゲ脱毛のように永久的にヒゲを無くすわけではありませんが、毎日欠かさず抑毛剤を塗ることで確実にヒゲを薄くし、青ひげを無くすことができます。

費用もかからないし、面倒でもないし、痛くもありません。

使い方は簡単、ヒゲの濃い部分に毎日、ヒゲを剃ったあとにヒゲ抑毛ローションをたっぷりと塗りこんでみてください。

3ヶ月もすれば、剛毛も柔らかくなり髭剃りも簡単になります。

そこまでなればもう少し、ヒゲも根元も薄くなり青ひげもなくなります。

髭の悩みスポンサーリンク

 - 髭の悩み