Utbtrendまとめ!

気になる情報をまとめています。

タバコを多く吸う喫煙者は、ヒゲが濃いというデータがあります

   

朝、しっかり髭を剃っても、昼休みに入った頃には、アゴを触ってみるとジョリジョリする。

髭を剃った所が青くなっていてガッカリなんて事ありませんか。

本当にイヤですよね。あなたは喫煙者ですか?

実は喫煙とヒゲの濃さには関係があるのです。

タバコと髭の関係

タバコを吸うと何故、ヒゲが濃くなるのでしょうか

男性の髭が濃くなる原因の一番の原因は男性ホルモンの分泌量の増加です。

男性ホルモンが増加する原因はストレスや不規則な生活、食生活の乱れなどが原因なのですが、その他の原因として「喫煙」もあります。

でも、どうして煙草を吸うと男性ホルモンが増えるのでしょうか。

人の体は、有害物資が外部から体内に侵入してくるとそれを排出しようとします。その排出の為に男性ホルモンが分泌されます。タバコにはニコチンやタールという有害物質が含まれて、これを体内に取り込むと発がんや血管を収縮させるという人体に有害な性質があります。

タバコを吸う事でこれらの有害物質を体内に取り込むと、体がこれらの物質を体外に排出しようとして男性ホルモンをさかんに分泌するようになります。その結果として、ヒゲが濃くなってしまうという訳です。

また、喫煙している人はタバコの煙が多い場所にいる事が多く、周りの空気が悪い場所にいる事が多いです。空気が悪い場所にいると、外部からの刺激を守ろうと髭が生えてきます。

タバコを止めないと髭は生えてきやすい状態にあるので、濃いヒゲで悩んでいるのであれば喫煙をしてみてはいかがでしょうか。

また、髭を薄くする方法として、髭剃り後に塗るだけのローション「ゼロファイター」がお勧めです。

日本人の悩みの中で多い青髭対策にもバッチリ対応できます。

まとめ

髭を濃くする要因は、男性ホルモンの増加なのですね。

男性ホルモンを増やしてしまう要因としては、食事を肉食中心にしてしまうとか、ダンベルを上げるなどの筋力トレーニングも男性ホルモンの分泌を増加させてしまうのですね。

髭の悩みスポンサーリンク

 - 髭の悩み