Utbtrendまとめ!

気になる情報をまとめています。

髭を抜くと生えなくなるのか?

      2020/01/04

どれだけ髭をきれいに剃ってもすぐに生えてきてしまうのです。
理屈で考えるといっそのこと、髭を全部根元から毛抜きで抜いてしまったら、生えてこないのではないでしょうか。
でも、毛抜きを使って髭を抜くとダメだという意見もあるのです心配です。
実際のところはどうなのでしょうか?

髭が濃くて悩んでいるのであれば、元から生えてこないようにすれば良いのだから、全部少しずつ抜いてしまえばいいんじゃないの?

それは大きな勘違いだよ。これから書いてある記事を読んで後悔しないようにしてね。

髭を抜く理由

青髭の原因を取り除くため

青髭対策のために髭を根元から抜いている人が多いのではないでしょううか。

髭をカミソリにいくら綺麗に剃ってみても、髭の根元は肌の下に残ってしまいます。

その髭の元が原因で肌の上から青髭が目立ってしまうのです。

その青髭対策のために、髭を根元から抜いている人が多いのではないでしょうか。

髭を抜くと気持ちいいから、クセになっているから

実際にヒゲを抜くことが習慣、クセになっている人も多いのです。

確かに顎を触ったときにザラザラしてりいると抜いてしまいたくなりますよね。

そんな感じで、髭を抜くのが習慣になっている人が多いです。

髭を抜いても同じところから生えてきます

ほとんどの人が勘違いをしているのですが、髭は何回抜いても同じ所から何度も生えてきます。

髭を抜いても新しい髭が生えてくるのは、毛根で髭を作る役割をしている「毛乳頭」が原因なのです。毛抜きでいくら髭をぬいても毛乳頭が残っているので、何度も髭を再生するのです。

髭を抜いても毛母細胞が残ってしまうので、髭がなくなることはない

髭を抜くことはデメリットだらけ

髭を抜くことは、メリットどころか、危険性がいっぱいあります。どんな危険があるのかを説明しますね。

埋没毛になる可能性

毛抜きで髭を抜いていると、埋没毛を引き起こす可能性があります。
しかも、髭の場合、普通の体毛よりも濃くて太いため間違った方向へ伸びてしまいます。
その事が原因で埋没毛を引き起こしてしまいます。

ニキビや炎症や毛嚢炎を起こす危険性

髭を抜いたところから細菌が侵入してしまい、化膿したり炎症を引き起こすことがあります。
また、その場所にニキビができたり、毛嚢炎を引き起こしてしまう可能性もあります。
そのような事もあるので、毛抜きで髭を抜くことはお勧めできません。

シミ・色素沈着を引き起こす可能性

考えてみてください。
ニキビや炎症を起こすとお肌に跡が残ってしまいます。
また埋没毛になるとニキビや炎症を起こしてしまいますが、そんなると必ずシミや色素沈着を引き起こしてしまうのです。
またシミになってしまった場合、更に長い間シミと戦うことになるので髭を抜く行為はデメリットしかありません。

以上、見てきたように髭を抜く行為はデメリットしかないので、慎みましょう。

髭を抜くと逆に髭は濃くなります

髭を抜くことは髭を濃くする

こんな話を聞いたことがあるのではないでしょうか。

結論から言うと、この仮説は正しいようです。

それを証明するマウスを使った実験があるので紹介します。

とあるマウスを使った実験では、マウスの毛を剃り続け毛や毛穴に刺激を与え続けた結果、一時的に体毛が5%~10%ほど濃く、太くなる実験結果が出ました。

これは人間にも当てはまると考えられます。

髭を抜くと毛穴の毛細血管にダメージを与えると同時に修復をしようと毛細血管を太く再生します・

この太くなった毛細血管は今まで以上に栄養を吸収するので、次に生えてくる髭を今まで以上に濃くしてしまうのです。

髭を抜くと毛細血管は太くなり、どんどん栄養を吸収しさらに髭を太くする

この実験結果から考えても髭を抜く行為は逆に髭を濃くしてしまうのでやめた方がお勧めです。

まとめ

いままで見てきたように、髭を抜いてもヒゲが無くなる事はありません。

髭を薄くしたり、無くしたいのであれば、やはり永久脱毛をするか、髭対策ローションをコツコツを毎日塗り続けて問題解決するしかないですね。

髭を抜いて無くしてしまおうと思ったけれど、髭を抜くとまた生えてくるとは知らなかった。
お金はかかるけど、ヒゲ脱毛にを申し込んでみようかな。

髭脱毛が一番良いとは思うけど、まずは抑毛ローションを使ってみるものお勧めだよ。
少し時間はかかるけど、痛くないし、低コストだからね。

髭の完全脱毛を希望するなら

髭を少しずつ薄くしたいのなら

関連情報

髭抑毛ローションの口コミ情報はこちら

髭の悩みスポンサーリンク

 - 髭の悩み