Utbtrendまとめ!

気になる情報をまとめています。

肌のバリア機能とは

   

くりかえす肌の悩みの対策には、肌の仕組みを知る事が一番大事です。まずは肌のバリア機能に関して理解しましょう。

肌のバリア機能

肌のバリア機能とは、どの様な事なのでしょうか?

肌のバリア機能とは、肌表面にある0.02mmの角質層がうるおいを蓄え、乾燥と外部刺激から肌を守る役割の事をいいます。

肌の潤いを保つためにはどうすればいいのでしょうか。

このバリア機能を健やかに保ってあげる事が大事なのです。

「肌が乾燥しやすい、外部刺激を受けやすい」と言う事はバリア機能が低下している事の証拠なのです。

敏感肌、乾燥肌の人は、このバリア機能が低下しています。

肌が生まれ変わり、新しい角質層を作りだす”肌のターンオーバー“のサイクルが乱れ、角質層内の保湿成分が不足していることが大きな原因の一つです。

すこやかな肌とは、バリア機能が働き、角質層に充分に水分が保たれている状態をいいます。

天然保湿因子(NMF)が、角質細胞内の水分を保持している状態の事をいいます。

それに対して敏感肌、乾燥肌の特徴は角質層に隙間ができ、刺激が入り込みやすく、水分の蒸発しやすい状態です。天然保湿因子(NMF)も少なく潤い不足です。

そもそも保湿とはどうゆう事?

スキンケアをしっかり行う事により肌が保湿されターンオーバーを整える事ができます。

肌には本来の機能として保湿成分を作りだし、角質層内に水分を蓄えていく力があります。

それは3つ「天然保湿要因」「細胞間脂質」「皮脂膜」で成り立っています。それぞれについて説明しましょう。

「天然保湿要因」

角質細胞内になります。その約半分はアミノ酸でできています。天然保湿因子は角質層内で水分を含み、保持する役割があります。アミノ酸は肌の潤いを保つ大切な成分なのです。

細胞間脂質

角質細胞同士をつなぐものが「細胞間脂質」です。細胞間脂質にはセラミド、コレステロールといった成分が含まれています。この細胞間脂質は肌の中の水分を留める役割があり、天然保湿因子を安定させるのに必要な成分です。

皮脂膜

肌の表面の膜となり、水分の蒸発を防いでくれます。

肌には、もともと存在している保湿成分があります。この保湿成分が充分にある状態が理想的中肌の状態でありバリア機能が保たれている状態です。それが不足している状態に補ってあげる事が保湿です。

すこやかな肌は弱酸性の状態です。バリア機能にも関係してきます。

バリア機能を構成する保湿成分、そのなかでもアミノ酸が安定してとどまる事が出来るのは弱酸性の状態なのです。

肌表面が弱酸性だと常在菌のバランスも保つことができます。

しかし、皮脂の少ない敏感肌や乾燥肌の人は肌が弱酸性になりがちです。

肌を弱酸性に保つことがすこやかなバリア機能の大きな条件となります。

まとめ

美肌を保つためには、肌のバリア機能が保たれていることが大事な点だという事がわかりました。

肌のバリア機能が保たれているという事は、肌に大事な潤いが保たれていることを表しています。

まずは、自分の肌質を十分に理解して。肌のバリア機能を保って、潤いのある肌を作る為のスキンケアをしましょうね。

セレクション

 - 美容