Utbtrendまとめ!

気になる情報をまとめています。

ゴールデンタイムからアニメがなくなるかも

   

テレビのゴールデンタイムからアニメが消えるかもしれない。

テレビのゴールデンタイムとは夜の7時から夜の10時までのテレビ番組局の一番視聴率の稼ぎ時の時間帯.

この時間にテレビ各社は、視聴率を稼ぐための番組を持ってくるのが今までの常識でした。

ゴールデンタイム

その時間帯に放送されていたアニメがどんどんゴールデンタイムの枠から外れだしています。

木曜に放送されていたテレビ東京系の『ポケットモンスター サン&ムーン』と『BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS』が、10月より日曜夕方の新アニメ枠に“移動”します。

これにより平日に残されたアニメはテレビ朝日系『ドラえもん』(金曜午後7時~)と『クレヨンしんちゃん』(同7時30分)“のみ”になります。

日本のTVアニメは衰退してるのでしょうか?

テレビのアニメ放送自身は決して衰退してるわけではありません。

逆にアニメコンテンツの放送自体は逆に増えていて、アニメを楽しみにしている視聴者は増えているのです。

では、なぜゴールデンタイムのアニメ枠は減少しているでしょうか。

それには、ライフスタイルの変化にともなうテレビ視聴の変わり方に理由がありました。

80年代~90年代のTVアニメは黄金期を迎えていました。

この時代のアニメ番組は午後7時~10時までのゴールデンタイムに放送されるのが一般的だったのです。

その理由はこのゴールデンタイムの時間帯に合わせてアニメを放送すれば確実にテレビ局は視聴率を稼げるという理由があったからです。

この時間に放送されたアニメ放送としては、Dr.スランプ アラレちゃん、ドラゴンボール、北斗の拳、タッチ、ONE PEACEなど人気アニメが顔をそろえていたものでした。

アニメを見るのも一家団欒の時代でした。

かつては、ゴールデンタイムの番組には家族が集まってテレビを見ながら夕飯を食べる、そんな構図があったのです、しかし、今では子供たちも塾や習い事に通うなど、19時に自宅にいる子供たちが少なくなっています。

また、2000年代に入ると、ゲーム、パソコン、スマホなどの普及により、家族でテレビを見るという習慣もなくなり、そういった感覚そのものが消えつつあります。

子供のライフスタイルの変化がアニメ枠の主軸を変化させた

ゴールデンタイムに子供たちがテレビの前にいないのだからアニメをゴールデンタイムに放送しても放送局の為にはなりません。

放送局は視聴率を稼いでCMでお金を稼いでいるからなのです。

しかし、今のテレビ業界は非常に厳しい時代に投入しているのです。

なにせ、80~90年代に比べテレビを見る人は半分になっているといわれています。

現代人の生活習慣も変化し、ゴールデンタイムに家族でテレビの周りに集まって団欒しながら視聴するなんて時代ではなくなっているのです。

テレビの番組を見たければ、パソコンでも見れるしスマホでも見れる、平日の家族の団欒はなくなっていると思いませんか。

今のテレビ業界の戦略としては、日曜日の午前中だと言われています。

普段のゴールデンタイムに塾なり習い事をしている子供達の家族とゆっくりできる時間帯はこの時間帯だと思いませんか。

確かに土曜日、日曜日の朝はアニメが多いと思います。

時代と共に、テレビ業界の番組編成も社会の事情に合わせて編成が変わってくるのですね。

ちなみに、最近はテレビで巨人戦を放送していることも少なくなりましたね。

セレクション

 - ブログ記事