Utbtrendまとめ!

気になる情報をまとめています。

健康な人が解熱剤を飲むと体温はどうなるのか?

   

解熱剤

風邪を引くと発熱し、体温が上昇します。

その為、風邪薬を飲みます。

たいていの風邪薬には解熱剤が含まれています。

そして、やがて熱が下ってきます。

それでは、べつだん熱がなく、健康な状態のときに、解熱剤を飲んだとしたら、一体どうなるのでしょうか。

薬が効果を発揮して、体温が平均以下に下るのでしょうか。

人間の体温はいつも36.5度前後に保たれています。

この体温の調整コントロール。センターは、脳の視床下部というところにあります。

これが、いわばサーモスタットのような役割を果たしているのです。

すなわち、体内を流れている血液の温度が高くなれば、これを下げるように指令をするのです。

逆に低くなれば、上がるように指令するわけです。

ところが、風邪を引いたりすると、このコントロールセンターが正常でなくなってしまいます。

そこで解熱剤を飲むことになります。

解熱剤はコントロール・センターの機能を正常にし、熱を下げてくれます。

しかし、健康な人の場合、コントロール・センターが正常に働いています。

だから、解熱剤を飲んでもコントロール・センターに作用しない。

つまり、体温は変化しないのが正解です。

セレクション

 - 雑学・豆知識