Utbtrendまとめ!

気になる情報をまとめています。

アンチ エイジング 始める 年齢は?

   

エイジングケアは何歳くらいから始めればいいのでしょうか?

肌は20歳くらいからだんだん衰えてきますが、本格的には肌の「たるみ」「しわ」「シミ」が増える30代後半からなので、30代後半くらいから行うのがよいでしょう。

エイジュングケア化粧品はどの様な点に注意して選べばいいのでしょうか。

ポイントとしては保湿成分と、エイジュングケアを考慮した攻めの成分が入っている事が重要です。

エイギニングケア化粧品

潤い力の高い成分が配合されている化粧品を選びましょう。

スキンケアの基本は保湿です。肌は乾燥すると、外部の刺激(摩擦、紫外線)から守る肌のバリア機能が低下し、肌の老化を促進します。肌表面に潤いを与えて水分の蒸発を防ぐことが大切です。

潤い成分としては、セラミド、ヒアルロン酸、コラーゲン、アミノ酸(アルギニン)、NMF等が含まれた化粧品を選びましょう。

エイジングケアに働きかける成分が入っている化粧品を選びましょう。

加齢によるエイジングケアには保湿だけで改善する事は無理です。積極的に改善する成分、「攻めるケア」を積極的にしましょう。

  • 肌の黄くすみや肌のダメージを改善、予防するために抗糖化を行いましょう。
    • 糖化とは過剰な糖が体内にあるタンパク質と結びつき、肌の老化を促進する老化物質が生成され体内に蓄積される現象です。パンなどを焼くときに砂糖や小麦粉を混ぜて焼き上げると茶色くなるように、糖化した肌は表面がごわつき、黄くすみを起こし細胞が老化します。糖化によって発生した老化物質は一度できてしまうと元の状態に戻すのは困難です。どんどん蓄積された老化物質は、しわやたるみを促進します。この現象に対抗するためには抗糖化化粧品などで対応しましょう。
  • コラーゲンの生成をサポートする成分が入っているかどうかが大切です。
    • 「しわ」「たるみ」が起こる原因はコラーゲンやエラスチンの減少と劣化です。コラーゲンはタンパク質の一部で口からとってもアミノ酸へと変化してしまうので、肌の真皮までコラーゲンの形で届きませんし、肌から直接吸収するのも困難です。ビタミンC誘導体であれば肌から浸透し肌の中でビタミンCに変化しコラーゲンの生成を助けてくれます。ビタミンC誘導体を含んだ化粧品などを選んでコラーゲンを増やしましょう。
  • 抗酸化作用のある成分を選びましょう
    • 肌の老化を加速させる酸化とはどのような事なのでしょうか。鉄が酸化によってさびてしまったり、油が劣化してしまう現象の事を酸化と言います。酸化はストレスや紫外線により体内の酸素が活性酸素に変化する事により引き起こされます。酸化の予防には、日頃の紫外線対策と抗酸化ケアが効果的です。

アンチエイジングの為の化粧品選びのポイントをまとめると

  • 保湿成分:潤い力の高い保湿成分が含まれているか
  • その他成分:エイジングサインの予防を行う働きが実証されている成分が入っているか。

この2点に注意して選びましょう。

エイジングケア化粧品を選ぶ場合はトライアルセットで自分にあっているかどうか確認しましょう。

セレクション

 - 美容