Utbtrendまとめ!

気になる情報をまとめています。

散歩嫌いな愛犬、どうすればいいの?

   

犬は散歩が好きだと思いこんでいませんか。

意外と散歩が嫌いな犬も多いようですよ。

散歩嫌いな犬

犬が散歩中に歩かなくなるのは何故なのでしょうか?

理由は色々あるようですが、大きく分けると犬自身の問題と、飼い主の問題があるようです。

犬の性格の問題で歩かない場合もあります。

人間にも活動的な人がいたり、家でじっとしている人がいるのと同じで、犬にも人間と同じ様に性格があるようです。

特に小型犬の場合は臆病な子犬が多く、外が怖くて歩けない性格の犬がいます。この様な場合は根気よく外に連れて行ったあげて外の世界になれさせるのが良いと思います。

飼い主の問題で、散歩が嫌いな犬もいます。

特に小型犬の飼い主の方は、外出する時にカバンに入れて外出するなんてことはありませんか。

この様な犬の場合、子犬の頃に散歩のトレーニングを怠った事が原因で成犬になっても散歩が嫌いな犬が多いです。犬は決して散歩が好きではありません。子犬の頃から散歩もしつけだと思ってしないと成犬になってから散歩が余計嫌いになってしまいます。

特に、小型犬の場合カバンにいれて連れまわしている人をみますが間違いです。犬の立場からすると、お殿様、お姫様状態なのです。飼い主はナメられているだけですよ。

事あるごとに抱っこしてあげるのも問題です。

犬も当然、甘えますし、自分で歩くより抱っこしてもらう方が楽なのです。主人の方は可哀想だと思って抱っこしてあげているのですが、犬の立場からすると、自分が楽をする為の行動なのです。ある意味、主人が召使の状況なのです。子犬の頃から抱っこしてあるくのは犬の為にやめましょう。

犬が散歩中に急に動かなくなった時の対処法

どんなにダダをこねても抱っこしてしまうのはやめましょう。犬の思うつぼです。

ダッコは絶対にダメです、ナメられてしまいます。決してやさしい声をかけてはいけません。

我慢比べです。

こんな犬の場合は長時間歩かせないようにするのが正解です。

臆病な犬と外を歩くときに尾っぽ丸めて歩くような犬は長時間歩かせないようにしましょう。

元々散歩が嫌いなのです。

人間にもインドア派とアウトドア派があるように、犬にもインドア派、アウトドア派があります。

散歩は諦めましょう。

 - ペット情報