Utbtrendまとめ!

気になる情報をまとめています。

出前と宅配には明確な違いがありました

   

あなたは出前を頼んだことはありませんか?

「うん、頼んだよ、ピザの出前を。あれピザは宅配じゃないの?」

出前と宅配には明確な違いがあります。その違いを説明できますか?

でも、あなたは明確な出前と宅配の違いを知っているはずです。そのヒントは「寿司の出前」と「寿司の宅配です」

この違いが説明できれば完璧です。

出前と宅配の違い

すしの出前と、すしの宅配の違い

出前と宅配の違いは、その料理が、お店で食べるのがメインなのだけれども、自宅まで配達してもらうか、お店では基本的に食べらなくて持ってきてもらって食べることがメインなのかの違いです。

お寿司に関していると、おすし屋さんに配達してもらうのが「出前」で、銀の皿に配達してもらうのが「宅配」です。

出前という言葉の起源

出前の語源は江戸時代にさかのぼります。

出前という言葉はお蕎麦屋さんで生まれました。

当時、吉原にいた遊女は、お店に出て人気のお蕎麦を食べることはできませんでした。

そこで、遊女達は、お店の使用人に頼んで、お蕎麦を買ってきてもらうようにしたのです。

そこから派生して、お蕎麦屋さんにお蕎麦を運んでもらうようになり、これが出前のという言葉ができた元です。

出前と言う言葉の意味は

出:お店から作った料理がでること

前:一人前、二人前などの、そばの量と言う意味だったのです。

出前をしてくれる業種としては

  • 蕎麦屋
  • 中華料理屋
  • 寿司屋
  • うどん屋
  • うなぎ屋

などがありますが、どの業態も基本的にはお店で食事が出てくる業態ですよね。

宅配という言葉の起源

出前に対して宅配と言う言葉ができたのはまだ最近なのです。

そのスタートは、1985年にドミノ・ピザ日本一号店が東京・恵比寿にオープンしたことに始まるようです。

出前との根本的な違いは、宅配を行っている店舗に行っても食事をする場所が無いということです。

宅配ピザなどの宅配という言葉は当時の「宅配便」から取ったとの事です。

出前と、宅配にはこんな違いがあったのですね

出前と宅配の違いまとめ

出前と宅配の違いを分かりやすく理解するために、「お寿司屋さん」を思い浮かべてください。

イメージするのは近くの昔からやっているお寿司屋さんと、宅配すしの「銀の皿」です。

この2店舗をイメージすると、出前と宅配の違いをイメージしやすいのではないでしょうか。

いつも、お店でお寿司を握って出しているのだけれども、お客さんから出前の注文が入れば、何人前をを確認して、スクーターにのって配達する。これが出前です。

それに対して、「銀の皿」はお店ではお寿司は提供していません。

あくまでも、商品をお客様へお届けするのが仕事です。

お寿司は、アルバイトの人が作っているかもしれません。でも美味しいですけれどね。

これが、宅配です。

出前と宅配の違いを理解しましたか。

店のお寿司屋さんに、宅配お願いしますとは絶対言わないようにしましょうね。

セレクション

 - 雑学・豆知識, 未分類