Utbtrendまとめ!

気になる情報をまとめています。

外国製の抱っこ紐は日本人の体型に合わない場合も

   

外国製の抱っこ紐は日本人の体型に合わない場合もあります

日本人と外国人は体型が違います。外国製の抱っこ紐の場合、当然、ヨーロッパ人なりアメリカ人の体型に合わせて抱っこ紐も設計されています。洋服でも日本人の体型に合わない物がある様に、抱っこ紐も日本人のサイズなどが合わない場合が多いと思います。車でも外車などは右ハンドルの車も増えてきましたが、ウインカーはいまだに左側です。同じように抱っこ紐も日本人体型の為だけに完全に対応はできていませんのでしょうね。

例えば、肩幅や身長などは、どうしても海外の女性に比べると、日本人の女性は小柄です。海外製の抱っこ紐は肩のベルトがずれ落ちてきたりします。ずれ落ちない様にきつく締めると、今度は逆に肩が痛くなったり、乳腺を圧迫したりします。

日本人のサイズに合っていないと、赤ちゃんが、ずれ落ちてしまう事もありますよ!

外国製抱っこ紐は日本人の体型に合わない
Mother and baby

日本人の体型に合った抱っこ紐とはどんな物なのでしょうか

股関節に優しい日本向けサイズ

あかちゃんの股関節はとてもやわらかいもの。欧米規格の抱っこ紐では大きすぎて心配。との声に応え、napnapは日本人の骨格に合わせ赤ちゃんの股関節にくる部分は狭めながらも理想のM字をキープできるようにしました。

パパ、ママの身長は148cm~198cm、ウエストは61cm~125cm対応なので。小柄なママから大柄なパパまで幅広く使用していただけます。

純国産の抱っこ紐なので、日本の助産婦さんやママたちの意見が十分に取り入れられているので、ここまで手厚く設計できるのでしょうね。

この記事の関連情報

▶日本人の赤ちゃん体型に合わせた抱っこ紐napnapまとめ◇

スポンサーリンク

 - 抱っこ紐・おんぶ紐