Utbtrendまとめ!

気になる情報をまとめています。

女性の中年太り

      2019/12/31

中年太りの原因は基礎代謝の低下です。

基礎代謝量は加齢と共に少なくなってくるのですが、その年齢は男性と女性で違います。

男性の場合は基礎代謝の低下は40代頃から始まりますが、女性の場合はその時期が早く20代と言われています。

女性の中年太りと基礎代謝の関係

この基礎代謝の低下に伴い女性は男性より若い頃から脂肪がつきやすくなります。

また、女性の中年太りには特徴があります。

中年太りの女性の特徴

女性が更年期を迎えるころには、基礎代謝がかなり低下してきます。その他、女性はこの時期に特に太りやすくなります。

この時期は女性ホルモンのバランスが崩れてしまう時期であるため、若い頃は女性はヒップを中心に脂肪がついていたのですが、女性ホルモンの分泌が減少するとおなかの周りを中心に脂肪がついてきます。

女性の中年太り・更年期脂肪・更年期脂肪

また。この時期は筋肉量が減ってしまい、逆に脂肪が増えてしまうため体重が増えてしまう時期です。

脂肪はカラダに満遍なくついてしまいます。

以前なら引き締まっていたカラダが、全体的に筋肉量が減ってしまっているため、皮膚にハリがなく、垂れ下がったような体になってしますのが特徴です。

それに大きな筋肉である背筋や太ももの筋肉が落ちてしまうため、足が太くなってしまったり、背中にも肉がついてしまう様になってしまいます。

中年太りになるメカニズム

女性の中年太りを加速させる原因の一つが生活習慣の変化です。

中年にさしかかる30代になると若いころに比べ運動をする機会もほとんどなくなります。

また、女性の場合、育児などのストレスでついつい食べ過ぎてしまったり、主婦業の忙しさから美意識が低下してしまい中年太りに拍車をかけてしまうのです。

主婦業の忙しさが中年太りの原因となる

中年になると基礎代謝が低下しているのにもかかわらず、運動不足や過食によりカロリーが徐々に体にたまっていきます。

さらに美意識の低下により、なし崩し的に体重が増えていくという悪循環にはまり込んでいくのです。

中年太りは悪循環スパイラル

しかし、一度身についてしまった今の生活習慣をいきなり変えるのは意外とつらいものです。

ほとんどの人は、運動をしなさい、食事制限をしなさいと言われても難しいのではないでしょうか。

そんな人は、最初はサプリなどを上手く使って、代謝アップや消化吸収を高めていくことがお勧めです。

女性には太りやすい時期

女性には男性と違い太りやすい時期があります。

とくに注意が必要なのは、女性の場合、生理前の10日前から生理が始まるまでの時期がもっとも痩せにくく太りやすい時期なのです。

この時期は心身ともにストレスがたまりやすく、疲れやすい時期でもあるので太りやすくなります。

ストレスを感じると、ストレス発散をしようと思ってついつい食べ過ぎてしまう時期なのです太りやすくなります。

女性は生理前にはストレスで食べ過ぎてしまい太りやすくなる

この時期はダイエットをしても効果が出にくい時期でもあるので、深く悩んだりせずにダイエットは一旦お休みをしたほうが良いでしょう。

また、女性が太りやすい時期としては、中学生から二十歳ごろまでの思春期の頃と、妊娠や出産をする時期には太りやすいとされています。

そして、中年女性で一番注意したいのは、更年期を迎える時期には消費するカロリーが低下するため、もっとも太りやすいとされています。

なるべくコーヒー、ジュースなどの砂糖の多い物は控えて、飲み物を変えてみてダイエットするのがお勧めです。

中年の特徴はお腹に脂肪がたまる事

メタボリックシンドローム」という言葉を聞いたことはありますよね。中年以降になると、「おなか回り」だけが太ってしまうことを言います。

中年の女性もお腹周りが気になる

メタボリックシンドロームの人は生活習慣病になりやすいとも言われていますし、健康面からも意識する人が増えています。そんなメタボのイメージがあるからか、中年太り=おなかというイメージがあります。

実際、中年以降になると「おなか回り」が太っている人がほとんどです

中年太りの原因は、基礎代謝の低下や筋肉量の低下が主な原因として考えられています。

基礎代謝の低下や筋肉量の低下は40代以降急激に減少していきます。

今まで通りの生活をしていれば自ずと太ってします。

女性の場合、若いときは、少し太っていても、女性の場合はお腹がポッコリと出てくることはほとんどないのですが、お腹全体、ウエスト全体に肉がつくことがあっても、お腹だけがポッコリ前にでてくることはなかったと思います。

しかし、男性の場合はお腹がポッコリ出てくることは多いのです。

男性の肥満は内臓に脂肪がつく内臓肥満型肥満であり、女性の肥満は皮下脂肪につく皮下脂肪型肥満になることが多いのです。

内臓脂肪型肥満はリンゴ型肥満、皮下脂肪型肥満は洋ナシ型肥満ともよばれます。

中年太りはリンゴ型

中年以降になると、女性でも内臓脂肪型肥満になることがあります。

その原因は、年齢とホルモンが関係しているのです。

女性の場合は、閉経前までは内臓脂肪は付きにくいとされています。その理由の一つは、“妊娠”。 子宮が膨らむ際に、胎児の成長スペースを確保しておく必要があるため、内臓脂肪型の太り方はしにくいと考えられています。

中年太り対策

中年太りになり原因をしったので、次は対策をとりましょう

有酸素運動をしましょう

腹筋を鍛えること、下半身を使う有酸素運動をすることができます。筋肉をつければ基礎代謝が上がり、カロリーを消費しやすくなります。下半身を無理なく使う有酸素運動には、ウォーキングなとがおすすめです。

食事制限をしましょう。

肝臓から血中に中性脂肪が分泌されるのを抑制する効果のある「DHAやEPA」を豊富に含む「青魚」を食べるのが効果的です

ダイエットの為のお茶を飲むのも効果的です。

メタボメ茶は、ダイエット効果のある4つのお茶をバランス良く配合していて、飲むだけで中年太りを解消するサポートをしてくれます。

おいしくて飲みやすいお茶なので、毎日の水分補給にするだけで見違えるような効果があると人気の商品なのです!

若い頃のように痩せないと悩んでいる人、メタボメ茶を飲みながら食事や運動に気を付けてみてください。
ただ運動をするより、効果は明らかですよ。

サプリメントをうまく利用しましょう

有酸素運動をしたり、食事の見直しをすれば中年太りが解消されますが、、もっと効率的に脂肪を取りたいのならば、サプリメントや漢方を併用することがお勧めです。

飲んで痩せると話題のメタボメ茶!初回送料無料

まとめ

女性の場合は、男性に比べて太りやすい時期が早く来るようです。

女性のホルモンバランスの影響もあるのですが、基礎代謝が早い時期に低下するのが原因のようですね。

女性の場合もお腹がポッコリしてきたら内臓に脂肪がたまっている状態になっているので、早く中年太り対策が必要ですね。

基本は有酸素運動、食生活の改善が必要なのですが、簡単ではないです。

そんな方にはダイエットサプリメント、漢方などを併用して中年太り対策をしましょう。

 - ダイエット