Utbtrendまとめ!

気になる情報をまとめています。

中年太りになる理由

   

中年太りは若い頃のポッチャリとは何か違います。

中年太り

一定の年齢をすぎると基礎代謝が低下するため、体型維持をよほど意識しない限り、中年太りの特徴である、お腹や太もも、背中に脂肪がつきやすくなります。

今回の記事では、中年太りになる3つの理由について考えてみたいと思います。

中年になると太りやすくなる3つの理由

加齢により基礎代謝量が低下する事が第一の原因です

人には基礎代謝という物があります。

基礎代謝とは、何もしなくても人間が必ず必要なエネルギーの事をいいます。

わかりやすく説明すると、ベットに一日中寝ていても、呼吸もしますし、心臓も動いているし、肺は動いているし、肝臓、腎臓も動いていいます。この人間が生命の維持の為に必要なエネルギーの事を基礎代謝いいます。

しかし、この基礎代謝というものは若い頃は大きいため何をしても太らないのですが、加齢と共にダンダン低下してきます。

その理由としては、筋力量の低下、肝臓や腎臓の低下が原因と考えられています。

基礎代謝量の低下に関しては、男性と女性では少し違いがあります。

男女とも、基礎代謝を使うピークは18歳位なのです。

確かに、高校三年生から大学1年生というと体力があり余っていましたよね。

しかし、加齢と共に基礎代謝量は低下してします。

男性の場合は50代から大幅に減少するのですが、女性の場合は、18歳から29歳をピークとして大幅に低下する傾向があります。

なので、若い頃から女性は食べる量を気にしても、お尻が大きくなったり、背中にお肉がついたり、太りやすくなってしまい、叔母さんのような体型になりやすいのですね。

基礎代謝の低下の原因は、筋力量の低下が一番の原因ですので、継続な運動を続けて筋力量を多くするようにすることが大事です。

男女ともホルモンバランスの低下が原因です

ホルモンバランスの変化は大きく中年太りに影響しています。

女性の場合は、エストロゲンという女性ホルモンの量が、加齢や体内環境、ストレスなどで過剰に増えると、脂肪細胞が増えてしまいます。結果として内臓脂肪が増えてしまい中年太りとなってしまいます。

男性の場合は、テストステロンという男性ホルモンの量が、加齢やストレス等で減少すると、疲労が蓄積されて運動不足に陥り、結果として内臓脂肪が増える事になります。

エステステロンを増やす為には、大豆食品である豆腐や豆乳などを摂取することにより増やすことができます。

テストステロンを増やす為には、定期的な運動、睡眠やストレス解消が大事です。

食事当たりのカロリー摂取量がオーバーしている事が原因です

中年は一日あたりの基礎代謝量が少なくなっているため、一日の基礎代謝量を上回るカロリーを摂ってしまえば、当然ながら脂肪となって体内に蓄積されます。

毎日体を動かしていれば、そんなにカロリーの摂りすぎを気にすぎる事はありませんが、度を超した食べ過ぎには注意しなければいけません。

特に意識することは、食べる量を減らすことももちろんですが、糖質の摂りすぎにも注意しましょう。

炭水化物や砂糖は、消化することにより糖質に変わり、血液中のブドウ糖の濃度である血糖値を上昇させます。

脾臓からインスリンが分泌されることにより、脂肪細胞に取り込まれ脂肪として体内に取り込まれます。

これが、中年太り代表的な特徴であるポッコリお腹の原因となってしまうのですね。

中年太りにはカロリーを摂らない事が一番です。

今まで見てきたように、中年太りの大きな原因は、男性は50代、女性の場合18歳から19歳から発生する大幅な基礎代謝量の低下が原因でした。

太りにくくするためには、基礎代謝量を増やすか、摂取するエネルギーの量を減らすしかありません。

基礎代謝量を増やす為には、運動量を多くして筋力を多くするか、これも加齢と共に減少する酵素を増やすか、飲み物をカロリーゼロの物に変えてみる方法がお勧めです。

いちど、どちらかの方法を試してみるのがお勧めです。

中年太りを解消するために食生活を改善しましょう

食生活の改善で摂取カロリーを減らしましょう

中年になると基礎代謝が減ります。

基礎代謝量が減るということは必要なエネルギーが減るということです。

必要なエネルギーが減るのであるから摂取カロリーを減らす必要があります。

その為の方法として、食生活を改善する必要があります。

  • 摂取カロリーを減らす食習慣とは
  • 主食の量を少しずつ減らす
  • 脂っぽいものを食べる頻度を減らす
  • 咀嚼の回数を増やしてゆっくり食べるのを心がける
  • 野菜の割合を増やす
  • 休刊日を増やしたり、お酒の量を減らす

生活習慣の改善で消費カロリーを増やす

できるだけ運動量を減らさずに消費カロリーを保つのが重要です。

自然と運動量が増える習慣を身につけましょう。

消費カロリーを増やす生活習慣

  • 階段を使うようにしましょう
  • 電車やバスの中で座らずに立つようにしましょう
  • 通勤時や帰宅時に1駅分歩くようにしましょう
  • 電車やバスを歩きや自転車に変えましょう
  • テレビを見ながらストレッチやもも上げなどをしましょう
  • 家では座らずに極力立つようにしましょう
  • 掃除の頻度を増やしましょう
  • 入浴時間を増やしましょう

 - ダイエット