Utbtrendまとめ!

気になる情報をまとめています。

コピーコンテンツが全てNGとは限らない

   

コピーコンテンツ

コピーコンテンツの問題とGoogleの対応

インターネットには無数のサイト、無数のページ、無数のコンテンツが存在します。インターネットの環境を持っていれば原則的に世界中のどこからでも、アクセスしてそのコンテンツを閲覧することはできます。

しかし、その中にはたくさんのコピーコンテンツがあり、ユーザーの検索キーワードに関連する全部のコンテンツを表示するだけでは、重複した検索結果ばかりが画面に並んでしまいます。

この状態は、最適な検索結果をユーザーに表示することを目的にしているグーグルの意に反します。

コピーコンテンツによる問題を防ぐグーグルのアルゴニズム

グーグルのコピーコンテンツに対しての対応としては、原則的にコピーコンテンツを2つ以上同時に検索結果に表示させないようになっています。

検索ユーザーが同じ内容のコンテンツばかり見せられることを防ぎ、検索の回答となりうる様々なコンテンツを提供することで、ユーザーの求める内容を提供しようとするのです。

Googleの基本理念は「ユーザーが求める内容を提供する」だと言われています。その実便のため、このような「コピーコンテンツ判別」の非常に発達したプログラムが用いられています。このプログラムは検索アルゴリズムと呼ばれます。

コピーコンテンツはスパムと判断されているわけではありません

自分のサイトのページがコピーコンテンツ判別で表示されなくなったとしても、厳密にはペナルティではなく、あなたのページが何か悪いことをしたと勘違いされたわけではありません。Googleは単に「検索ユーザーに2つ以上の同じコンテンツを見せたくないだけ」なのです。

この状況を回避する方法としては比較的簡単に問題を解決できます。

  • そのページを同じコンテンツと見せないために独自のコンテンツに書き換える
  • サイト内のコピーコンテンツなら301を利用する。

コピーコンテンツはそれ自体だけならスパム行為とはみなされません

それに伴って検索ユーザー、検索エンジン(Google)、もしくはコピーされたコンテンツの著作権保持者に実害が出た時、それぞれのケースで異なる状況となります。

大づかみに言うと、自分でコピーコンテンツを持ってしまった際は、よほど悪質でなければ、ペナルティにはならず、問題が起きても比較的かんたんに対応できます。

コピーされた場合の対応と備え

サイトが成長するほど、残念ながら他社にコンテンツをコピーされる事態は発生しやすくなります。コピーされないための対策はこれといってないため、普段からのSEO対策充実、そしてコピーされた際の対応をざっと理解しておくのが、一番の対策になるでしょう。

セレクション

 - SEO