Utbtrendまとめ!

気になる情報をまとめています。

猫の為の保険は必要性

      2020/01/19

猫の保険の必要性

愛猫、可愛いペットの為に保険に入っていますか。

保険に入っていないと、いざと言う時に治療も出来なくなってしまいます。

ケガとか、病気になると本当にお金がかかるのです。

保険スクエアbang!/ペット保険資料一括請求

その事実を理解して保険への加入を考えましょう。

猫の為の保険の基礎知識

ペット保険では具体的にどのような保障が受けられるのでしょうか?

猫の為のペット保険とは?

ペット保険とは、家族で飼育されるペットの為の保険です。加入した飼い主はプランに従って支払った加入料金に応じて、ペットの愛猫が、ケガや病気をして病院に行った時に、その診療費の一部を保険金として補償されるものです。ペットの為の生命保険ではありません。医療保険に近い形のものです。

保障される保険の内容は?

一般的に、ペット保険はペットが病気やケガをした時に、それにかかる診療費の補償が対象となります。保険会社や保障内容によっても異なりますが、主に、通院・入院・手術でかかる診療費をが保証されます。

とくに、猫ちゃんが慢性疾患や、入院、手術などを受けなければならなくなった場合、診療費が高額になるケースが多いので、保険のメリットを感じる場合が多いようです。

猫がペット保険に加入している割合

ある調査期間によると日本のペット保険の普及率は6%程度と言われています。

それに対してペット先進国のイギリスでは20%以上、スウェーデンでは80%とも言われています。一方、アメリカでは5%以下と日本の加入率より低いのが現状です。

日本のペット保険の現状

日本には2018年2月現在で、15社のペット保険会社があります。

猫のペット保険

かわいい愛猫の為にはペット保険に加入することは本当に必要ではないでしょうか。ペット保険に関して詳しく説明していきます。

ペット保険の必要性

猫は病気がち、病気のリスクに備えることができます

人間であれば、ほとんどの人が健康保険に加入しているので、からだの調子が悪ければすぐにお医者さんに診てもらえることができます。しかし、家族同様の愛猫であっても、いざ病気かなと思っても獣医さんに行くことをためらいませんか。「獣医に行くとお金がかかるし、少し様子を見よう」この油断が取り返しのつかないことになる場合もあります。

保険に加入していればそんな躊躇もなくなりますよね。

ペットといえども家族同様、そんなリスクをなくす為にもペット保険の加入は必要ではないでしょうか。

ペット保険の特約

ペット保険には「特約」をつける事ができます。特約をつけることで、より充実した保障を受けることができます。

ペット保障責任特約

加入対象のペットが他人や他人の動物に引っ掻いたりして傷を負わした場合や、他人の物を破損したりした場合に、その保障が受けられるものです。

ガン追加保障特約

ペットでもガンにかかります。ペットがガンで手術を受けたときに手術給付金に上乗せして保証される特約です。

診断書費用保障特約

保険金を請求するときは、診断書が必要となる場合があります。しかし、診断書の作成には費用がかかるのですが、その費用を補償してくれる特約です。

ペットセレモニー費用特約

火葬費用などがかかった場合に実費を保証してくれる特約です。

移動用補助器具費用特約

病気や怪我で車椅子が必要となった特に、その費用を補償してくれる特約です。

ペット保険の割引制度

健康割増引制度

保険の利用回数に応じて翌年の保険料金が割引になる制度

多頭割引

何頭か一緒に加入する場合に割引される制度

マイクロチップ割引

マイクロチップを入れていると割引される制度

無事故継続割引

契約期間に一度も保険金請求がなかったなど、保険会社が定める「事故」がなかった場合に適用される割引制度

インターネット割引

インターネットを利用した場合、一定程度割引される制度

ペット割引の様々なプラン

ペット保険には「50%プラン」「70%プラン」などがある。

例えば「70%プラン」は。いわゆる「3割負担」で、かかった費用の7割を、限度額の範囲内でペット保険会社が保障してくる制度のことである。

とうぜん、補償割合が多いほど、月々の保険料金も高くなります。

掛け捨てが多い(デメリット)

ペット保険はそのほとんどが掛け捨て型です。また、ペット保険は猫の年齢と共に上がっていくので、加入を悩む人が多いのも事実です。

保険選びをする際のポイント

現在、日本でペット保険の事業を行っていると事は15社です。

それぞれ保険会社の補償内容には違いがありますので、ペット保険を選ぶ際のポイントを調べてみました。

補償内容と保険料を確認しましょう。

補償内容は、保険商品によって異なります

補修内容はよく確認しておきましょう。保険のプランによっては「○○疾患は補償されない」など細かく決められている場合があります。不安な場合は、どんな病気でも補償する「フルカバー型」の保険がお勧めです。

目先の保険料に惑わされない

保険料は愛猫の年齢によって異なります。しかし、いまの年齢で保険料を比較したい気持ちになるのは仕方がないのですが、保険に加入するのは今年だけではありません。将来の保険料や、生涯の保険料で考えるのが肝心です。

今は安く見えても、将来格差が出ることもあります

愛猫の保険を一歳の時に加入した保険料が年間3万5千円だとしても、15歳になる頃には、A社は5万8千円、B社は14万なんてことも実際にあり、大きな開きが出てきます。将来の保険料はパンフレットやHPには載っていないので直接保険会社に問い合わせする事がお勧めです。

多くのペット保険は加入制限がありので、加入年齢に達してからでは保険の見直しはできません。加入時にしっかり検討しておきましょう。

ペット保険を比較する際のポイント

保険会社の保険商品を比較する際のポイントをまとめてみました。

  • 窓口清算(病院の窓口で保険が適用されるサービス)ができるかどうか
  • 重病になっても、その病気が継続的に保証されるのか(契約の更新そのものが出来ない場合もあり)
  • 保険利用回数が、1年毎の更新時にリセットされるか
  • 同じ病気で保険の利用ができなくなることはないか
  • 終身継続ができるか
  • 最低診療費の設定があるか

以上の様なポイントをチェックしてペット保険に加入すれば後悔することもないと思います。

スポンサー

 - ペット情報