Utbtrendまとめ!

気になる情報をまとめています。

ビルベリーとブルーベルーの違いとは

   

視力の回復に効果的と言われるビルベルー。

私達がよくん耳にするブルーベリーとはどこが違うのでしょうか?

ビルベリー

アントシアニンの含有量が全く違います

ブルーベリーとビルベリーの違いは、ずばりアントシアニンの含有量の違いです。

アントシアニンとはブルーベリーやビルベリーに含まれる、非常に抗酸化作用のある青紫色のポリフェノールの一種です。

アントシアニンは、眼精疲労や視力の悩みに貢献してくれる成分として知られています。

このアントシアニンの含有量がビルベリーとブルーベリーでは全く違います。

ビルベリーにはアントシアニンがブルーベリーの3~5倍含まれています。

ブルーベリー

ビルベリーを選ぶなら北欧産

ビルベリーはノルウェーやフィンランド、スウェーデンなどの北欧の森で育ちます。

北欧で育ったビルベリーには豊富なアントシアニンが多く含まれています。

北欧さんのビルベリーにはどうしてアントシアニンが豊富に含まれているのでしょか。

その理由には、北欧の天候が影響しています。

北欧には「白夜」といって一日中太陽が沈まない現象があります。

白夜

ビルベリーは太陽の紫外線からその身を守りためにアントシアニンを蓄えます。

白夜の環境下で育つ北欧のビルベリーは、紫外線が一日中注ぎ続けるこの環境に備えるためアントシアニンをその身に豊富に蓄積するのです。

ブルーベリーとビルベリーの果肉を比べてみると圧倒的にビルベリーの果肉の方が青紫色をしているのがわかります。

このことからもビルベリーはブルーベリーよりも豊富にアントシアニンを含んでいることがわかると思います。

ヨーロッパでは医薬品にビルベリーが使われることもあります

ビルベリーに含まれるアントシアニンはヨーロッパの一部では医薬品として使われることもあります。

日本ではサプリメントとして眼精疲労回復、老眼予防の為に健康食品としてのサプリメントが多く販売されています。

ビルベリーとブルーベリーの違いまとめ

ビルベリーは圧倒的にビルベリーよりもアントシアニンが豊富に含まれています。

アイケアサプリを選ぶのであれば、ビルベリーを豊富に使ってアントシアニンの含有量が十分なサプリメントを選ぶのがポイントです。

スポンサーリンク

 - 眼精疲労・視力回復・老眼まとめ