Utbtrendまとめ!

気になる情報をまとめています。

敏感肌・アトピー肌のスキンケア化粧品選び

   

肌が弱いと化粧品の選び方って難しいですよね。頑張って高価な化粧品を選んだとしても、肌に合うかは別問題です。ピリピリしたりブツブツができたとしても、化粧品の何が問題だったのか分からないと、自分にあった化粧品が選べませんよね。今回は敏感肌、アトピーの方が化粧品を選ぶ上で注意した方が良い化粧品の成分について調べてみました。

敏感肌のスキンケア

敏感肌の方が避けた方が良い美容成分

まず避ける成分は刺激成分であるグレコール、エタノールなどのアルコール成分は避けましょう。皮膚や粘膜に微妙な刺激があります。ヒリヒリ感がある方は大体アルコールが原因です。化粧品の「成分表示」は配合量の多い順にならんでいます。上段に書いてある成分表示には特に注意が必要です。

美白化粧品には注意が必要です。美白化粧品にはメラニンの生成を抑えシミを防ぐ成分としてハイドロキノンが含まれている場合が多いです。美白コスメの定番なのですが敏感肌の方には刺激を与え炎症や肌が異常に白くなる「白斑」を引き起こす可能性もありますので、あまり強い作用のある美白化粧品は控えた方がいいでしょう。

ピーリング系の基礎化粧品もやめましょう。ピーリングとは皮をむくと言う事なので刺激が強いので敏感肌の方は避けましょう。

敏感肌の方が積極的に摂り入れた方がよい美容成分

敏感肌の方には「セラミド」がお勧めです。セラミドは元々角質層にある細胞間脂質です。肌の水分を防ぐ役割があり、肌のバリア機能も保湿因子によって守られています。セラミドは「肌の保湿」「肌を守る」事ができる優秀な保湿成分なのです。敏感肌の方には欠かせない美容成分なのです。セラミドはもともと肌がもっている成分なのですが、敏感肌、アトピー肌の方はセラミドが少ない事がわかっています。化粧品に用いられているセラミドもいくつかの種類がありますが、ヒト型セラミドや馬セラミドが保湿の高い成分になります。セラミドには合成の物もありますが、合成の物は避けた方がいいと思います。

 - 美容