Utbtrendまとめ!

気になる情報をまとめています。

プロ野球の優勝したときのビールかけの始まりは?

      2019/10/22

野球のビールかけ

プロ野球の優勝祝賀会でのビールかけ。

優勝の醍醐味ですよね。

ビールかけの中継をテレビでみていると、この一年間、応援してきたかいがあったなと本当にうれしいものです。

でも、このビールかけは野球の本場であるアメリカではないようなのです。

そこで、疑問に思いました。

このビールかけはいつから始まったのでしょうか?

その歴史は昭和34年 西暦1959年までさかのぼります。

今から60年以上も昔の話なのですね。

その年、プロ野球のセントラルリークでは読売ジャイアンツが5年連続のリーグ優勝。

パシフィックリーグでは南海ホークス(現在のソフトバンク)が優勝。

この2チームが日本シリーズに向かい合いました。

日本シリーズでは、南海ホークスが4勝0敗で優勝したのです。

日本シリーズの四戦目は後楽園球場(現」東京ドーム)で行われました。

試合後、南海の選手たちは宿舎に戻り、祝勝会を行ったのです。

その時の選手の一人が鶴岡一人監督ははじめ選手達に突然ビールをかけ始めたのです。

その選手が、日経二世のカールトン半田選手と言います。

それを真似して、他の選手たちもビールをかけ合いました。

この出来事が、優勝のビールかけの第一号だったのです。

以来、ビールかけは祝勝会における恒例の行事となったのでした。

 - 雑学・豆知識