Utbtrendまとめ!

気になる情報をまとめています。

世界で最も早く朝を迎える国はどこ?

      2019/10/12

世界で最も早く朝を迎える国

日付変更線と呼ばれるものがあります。

これは日本とハワイの中間、東経180度の子午線に沿って設定されています。

この線を東から西に越えるときには、日付を一日遅らせます。

この日付変更線は、1884年(明治17年)、アメリカで開催された「国際子午線会議」で定められました。

ただし、日付変更線は東経180度の子午線に、ぴったり一致しているわけではありません。

その経度の上に島や陸地がある場合には、日付変更線はそこを通らないように迂回して引かれています。

それゆえ、この線に最も近い西側の場所が、毎日、世界で最初に朝を迎えることになります。

その場所は、国で言えば、南太平洋のキルバス共和国です。

この国は島々から成り、それらの島が広範囲に点在してます。

このため、国土の真ん中を日付変更線が縦貫しています。

1995年、日付変更線をカロライン島の東側に移動しました。

その結果。カロライナ諸島が世界で最初に朝を迎える土地になったのです。

なおカロライナ島は、ミレニアム島と改名されました。

セレクション

 - 雑学・豆知識