Utbtrendまとめ!

気になる情報をまとめています。

脱色クリームを使って青髭を目立たなくできるのか?

   

脱色クリームを使って体毛を脱色する事はできます。

濃い髭か青髭も同じ原理で脱色クリームを利用して目立たなくできないのでしょうか。

青髭を気にする男性

脱色クリームとは?

脱色クリームとは、黒いムダ毛に対して脱色クリームを塗る事により、ムダ毛を茶色っぽい色に脱色するクリームの事をいいます。

脱色クリームを使う事によってムダ毛が肌に近い色になります。その結果として黒いムダ毛よりも目立たなくなり、ひと目では毛深そうに見えなくなります。けもくらじゃ感もある程度目立たなくなります。

脱色クリーム

脱色クリームは違和感がありません

脱色クリームは、色が変わるというよりも、ムダ毛の色が薄くなるという方が近いので、ムダ毛が生えてても、うぶ毛のように薄く見えます。なので、脱毛クリームを使っても不自然さや違和感は全くありません。

脱色クリームは簡単に脱毛処理ができます

脱色クリームに使い方は簡単です。脱色クリームをムダ毛に塗って流すだけです。

カミソリで剃ったり脱毛クリームで処理した時は、剃ったムダ毛・落としたムダ毛が結構邪魔になりますが、そういった面倒さは一切ありません。

脱色クリームは肌に優しい

脱色クリームは肌にダメージを与える事はありません。

使われている薬品も肌に優しい薬品なので、肌荒れをする事もありません。

肌に優しくムダ毛の色を薄くすることができます。

脱色クリームは長持ちします

脱色クリームは色を変える事だけが目的なので効果が長持ちします。ムダ毛が伸びてもしばらくは色の違和感がないので、ムダ毛をカミソリなどで処理するよりもムダ毛の目立たない期間を長持ちさせることができます。

脱色クリームは髭にも効果があるの?

脱色クリームは青髭に対しても効果がありのでしょうか?

結果としては、脱色クリームを塗って髭を脱色しようとしても青髭には全く効果はありません

青髭は上手に脱色できません

青髭を薄くしようと思っても、濃い髭を薄くしようと思っても、どちらも全く効果はありません。

理由としては、髭の色が落ちないからです。

実は、髭は体毛に比べてかなり太いのです。その太さは約2倍と言われています。

その結果として、体毛の太さであれば薬品として浸透して脱色できたとしても、髭には薬品が浸透できません。なので髭の黒い色は全く落とすことはできないのです。

これも重要な事なのですが、脱色クリームの使用方法の所をしっかり読んでみると「ヒゲには使わない事」としっかり書いてあります。

このように書いてある理由としては、肌に悪いという理由以前に髭には効果がない事がわかっているからです。

もし、ヒゲが薄くなったとしても青髭はなくなりません

もし、仮に脱色クリームで髭を薄くすることが出来たとしても、青髭には効果がありません。

青髭対策の所でも説明していいますが、青髭は毛穴に残るヒゲが皮膚を通して青く見えるので、青く見えるのが青髭なのです。

青髭が青く見える理由

なので、青髭を目立たなくする為には、毛穴に残る髭を細くするのか、髭が毛穴に残らない状態にしたいと青髭を目立たなくなるようにする事はできません。

脱色クルームは、肌の表面に出ている毛の色を変えるだけなのです。毛穴の中のムダ毛の色を薄くすることはできので青髭には効果がありません。

青髭を自分で目立たなくする方法は?

青髭を即効で目立たなくする方法としては、コンシーラーで青髭を隠すという方法があります。

コンシーラーと言えば女性の為の化粧品というイメージが強いですが、最近では男性用の髭を隠すためのコンシーラーも良い製品がありますよ。

根本的に治すのであれば、ゴリラ脱毛の様な医療レーザーによる脱毛をお勧めします。

一番お金のかからない方法としては、抑毛ローションがお勧めです。

抑毛ローションは、髭を根本から細く、薄く、生えてくるスピードを遅くするための成分が含まれています。

この抑毛成分の違いが各メーカーのセールスポイントなのですが、わたしのお勧めはゼロファクターSPローションです。

ゼロファクターSPローションとは

男性の為の剛毛対策の草分け的存在のゼロファクターが作った抑毛ローションです。

抑毛成分と含まれている成分が、多数含まれているローションなのです。

ゼロファクターの有効成分

まとめ

髭の悩みスポンサーリンク

 - 髭の悩み