Utbtrendまとめ!

気になる情報をまとめています。

アイケアに重要なアントシアニンとは何?

   

眼精疲労、老眼、近視などで悩んでいてアイケアの為のサプリメントを捜していると必ずアントシアニンという言葉が出てきます。

アントシアニンはアイケアのどんな所に効果があって、どんな食べ物に多く含まれているのでしょうか。

その点が気になるので、調べてみました。

アントシアニンの多い食べ物

アントシアニンって何者なの?

アントシアニンについて簡単に説明します。

アントシアニンはポリフェノールの一種で、青紫色をした天然色素の事を指します。

主に紫色の野菜や果物に含まれています。

アントシアニンは、それを含んだ野菜や果物を紫外線から守るために蓄えられる成分なのです。

アントシアニンには、非常に強い抗酸化作用もあるので、人の健康にも大きく貢献します。

アントシアニンの人への健康効果

  • 美肌効果
  • 眼精疲労
  • 目の機能改善 など

アントシアニンはどんな食べ物に含まれるのでしょうか?

非常に強い抗酸化作用があり、人間の健康にも効果的といわれるアントシアニンはどんな食べ物に含まれているのでしょか。

ブルーベリー(ビルベリー)

アントシアニンを含む食べ物と言えば、まず第一に思い浮かべる食品としては、ブルーベリー、ビルベリーではないでしょうか。

その種類は、実は400種類もあるのです。

その中でも北欧産のビルベリーは一般的なブルーベリーに比べても3~4倍のアントシアニンを含んでいます。

ブルーベリー

アサイーベリー

最近、スーパーフードとしてアサイーも有名です。

アサイー入りのスムージーが多く販売されていると思います。

アサイーに含まれるアントシアニンには、デルフィニジンとシアニジンという物で、シアニジンは特に分子が小さく、素早くアイケアに効果的であると言われています。

アサイーベリー

ナス

ナスは紫色ですが、ナスにもアントシアニンは含まれています。

ナスに含まれているアントシアニンはナスニンと呼ばれていて、皮の部分に多く含まれています。

ナスニンは抗酸化に力を発揮してくれますので美容にも効果的です。

ナス

紫芋

紫芋は沖縄の名産ですが、紫いもの中にもアントシアニンは含まれています。

アントシアニン、ビタミンC、E、βーカロテン、食物繊維などを豊富に含んでいます。

他にも紫色の野菜や果物の中にはアントシアニンが含まれています。

アイケアが気になったら紫色の野菜や果物を多く食べるようにしましょう。

ムラサキイモ

まとめ

紫色の食べ物には、アントシアニンが含まれています。

アントシアニンはポリフェノールの一種で強い抗酸化作用があります。

特に北欧産のビルベリーには多くのアントシアニンが含まれています。

アントシアニンを意識して摂取することによって、老眼も防ぐことができますし、抗酸化作用により肌の老化も防止できます。

当然、アイケアを目的のアプリメントにはアントシアニンが含まれています。

アイケア商品を選択する際のポイントにはアントシアニンの含有量がポイントですので、その点も注意しましょう。

スポンサーリンク

 - 眼精疲労・視力回復・老眼まとめ