Utbtrendまとめ!

気になる情報をまとめています。

脂性肌の人が陥りやすい間違ったニキビケア方法

   

脂性肌(オイリー肌)は他の肌質に比べてニキビができやすいのでしょうか

脂性肌の方はニキビをケアするために皮脂を取りすぎてしまったり、洗顔をしすぎてしまったりするのですが、その事が余計に皮脂を分泌する原因となってしまったりするので気をつけてください。今回は脂性の方が陥りやすい間違ったお肌のケア方法について考察したいと思います。 

オイリー肌のニキビケア方法

洗顔のしすぎをしてませんか?

一日に何回も洗顔したりしていませんか。顔を洗うとサッパリします。それで脂性の方は何回も洗顔する人が多いのですが、それが問題なのです。油を落とし過ぎて皮脂膜を洗い流してしまうと肌のバリア機能が失われてしまいます。この様な状態になると肌は弱くなり、ちょっとしたことで肌のトラブルを起こしやすくなります。例えば洗顔時にニキビを擦っただけでニキビを悪化させてしまうのです。もう一つの問題が、皮脂を足りないと感じた肌は皮脂をたっぷり分泌します。このような状態が肌は乾燥しているけれど皮脂が過剰に分泌している状態のオイリードライ肌です。こうなると毛穴を皮脂が塞いでしまいニキビの直接の原因となってしまいます。

化粧水の量を少なくしていませんか?

化粧水、美容液、乳液などの基礎化粧品をベタベタするという理由で少なくしていませんか。脂性肌は「うるおいが足りない」と肌が判断する事によって過剰に皮脂が分泌されている状態なのです。なので、基礎化粧品による保湿はしっかりすることが必要なのです。しっかりと洗顔後水分を与える事で水分と脂分のバランスをとりやすくし肌の機能が正常に働くようにしてあげましょう。

本当の原因を知って正しくケアをしてあげましょう。

しっかり入念に顔を洗ったり、基礎化粧品を少なめにしたり、脂性肌やニキビの為にしていたと思った事がかえって悪化させてしまったりしまいます。脂性肌の特徴についてしっかり理解したうえでケア方法を見直してみましょう。脂性の方にも、あごニキビであればメルラインがお勧めです。

a8mat=2HLV0F+FMOX8I+1KO+25IF8X" rel="nofollow">

 - ニキビ